FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2015年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年12月
ARCHIVE ≫ 2015年12月

A.W. Bauer and Hans Allde in Stockholm(ストックホルムのA.W.バウアーとハンス・アルデ)

バウアーの店舗

【A.W. Bauer(A.W.バウアー)】
住所:Brunnsgatan 4, 111 38 Stockholm
価格:ビスポーク・スーツ、35,000クローナ~。

仮縫い3回、3ヶ月で完成。シャツはイタリアのペスカーラの工房製で、仮縫い1回。1863年創業と、ヨーロッパ屈指の老舗ビスポーク・テイラーで、おそらく北欧一の老舗です。英語可。


フレデリック・アンナソンさん

75年生まれのデンマーク出身で、02年よりこのバウアーで勤務し、現オーナー兼ヘッドカッターを務める、Frederik Andersen(フレデリック・アナーソン)さん。過去にはヘンリー・プールでもカッターの修行歴があります。


バウアーのサンプルスーツ

バウアーのサンプルスーツ。ハンドクラフトとファッションの融合がハウススタイルとのお話でした。


バウアーのサンプルジャケット


バウアーのサンプルスーツ


バウアーのサンプルシャツ

シャツのサンプルです。


フレデリック・アンダーソンさん作業中

併設されている工房にて、アナーソンさん作業中です。


フレデリック・アンダーソンさん作業中


バウアーの芯地

芯地は当然自作です。


バウアーのスーツ作成途中

作成途中のジャケットです。


バウアーの襟付け

「襟付けが手縫いなのは重要だ。ハンドワークがしっかりしたロールを生み出し、その形をキープする」

と、アナーソンさんのお言葉。襟付けや袖付けなど、曲線縫いは手縫いです。


スポンサーサイト