山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2015年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年12月
ARCHIVE ≫ 2015年12月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2015年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

VIV STUDIO and Club Bespoke in Moscow(モスクワのヴィヴ・ストゥディオとクラブ・ビスポーク)

ヴァレンティナ・イヴァノヴァさん

【VIV STUDIO(ヴィヴ・ストゥディオ)】
住所:非公開。アポイントについては、ウェブサイトにあるメールよりお問い合わせ下さい。
価格:ビスポーク・スーツ、160,000ルーブル~。ビスポーク・シャツ、20,000ルーブルほど。

スーツは仮縫い3回、2・3ヶ月で完成。シャツは仮縫い2回。

シベリア出身、代表で職人の、ВАЛЕНТИНА ИВАНОВА(Valentina Ivanova、ヴァレンティナ・イヴァノヴァ)さんは全工程を一人で行っております。元々はレディースのテイラーさんだったそうですが、約10年前にメンズデザインに興味を持ってメンズのテイラーに転身。英語はまずまず可能で、店舗はなく、基本的に出張採寸で注文を採っておられます。


ヴィヴストゥディオのビスポークサンプル

このサンプルのスーツは柔らかいラインですね。ヴァレンティナさんご自身は英国スタイルがお好きです。


ヴィヴストゥディオのパターン

ヴァレンティナさん作成のパターン。カッティングについては日本でも盛んに使われるミュラーシステムだそうで、つまりドイツ式ですね。ミュラーシステムらしく、「アナトミーに基づいて作る」とお話されていました。採寸は35箇所ほどとの事。


ヴィヴストゥディオの襟の芯地


ヴィヴストゥディオの芯地

芯地はフランス製を用いての、当然自作です。フランス製の芯地は丈夫で軽い、との事。


ヴィヴストゥディオの使用糸

ヴァレンティナさんは天然素材にこだわっており、縫い糸やボタンホール、ボタン付けに使う糸など、基本的に全てシルク糸です。


ヴィヴストゥディオのジャケット

こちらはメンズに転身した初期に製作したと言うジャケット。クラシックなスーツ以外にも、こう言ったカジュアルウェアもお仕立て可能で、ジーンズの注文も受けておられます。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。