山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2015年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2015年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年11月
ARCHIVE ≫ 2015年11月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2015年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Skomaker Dagestad in Oslo(オスロのスコマーケー・ダゲスタッド)

ダゲスタッドの店舗

【Skomakermester Dagestad(スコマーケー・ダゲスタッド)】
住所:Josefines Gate 2A, 0351 Oslo

オスロに到着した日、僕が最初に向かったのは、高級靴店の「Skomaker Dagestad(スコマーケー・ダゲスタッド)」。

いつもなら事前にアポイントのメールを送ってから伺うんだけど、ここはビスポークを行っているかどうか不明だったので、まずはどんなお店か見ておきたかったのですね。

すると……、入店してみて仰天!店内はお客さんで溢れ、その熱気に圧倒されました。安売り店ならまだしも、一足数万~10万円以上の靴を扱うお店で、こんなに賑わっているのは伊勢丹新宿店しか見た事がありません。この時、スタッフさんは5・6人いたと思いますが、そのスタッフさんが全員、お客さんの対応で手一杯でした。


ダゲスタッドの店内

お客がいない時の店内。ワールド・フットウェア・ギャラリー神宮前店さんと同じくらいの規模で、決して広くはないものの、靴はもちろん、靴下、手袋、ベルト、帽子、傘、ブレイシーズなど多彩な品揃えで、メンズ、レディースともに充実。男性客はもちろん、女性客も多かったです。


ダゲスタッドの店内

靴の取り扱いブランドは、サン・クリスピン、エドワード・グリーン、ガジアーノ&ガーリング、オールデン、エンツォ・ボナフェ、アルフレッド・サージェント、パラブーツ、エシュン、カルミナ、ローク、レッド・ウィング、ロッコピーなどです。


ダゲスタッドの店内

スタッフさんは忙しすぎて、僕に声をかけて来ない。僕もとても声をかけられない。僕はとりあえず商品を眺め、スタッフさんの手が空くのを待つものの、全然空く様子がない。このお店でビスポーク・サーヴィスをやっているのか確認したかったけど、このままいても仕事の邪魔になるだけだから、退店しよう……。

僕がお店を出ると、そこには店主さんであろう方が、買い物されたお客を見送っていた。そして、僕と目が合うと、人懐っこい表情で笑いかけてくる。愛想の良い店主さんだなあと思っていると、店主さんは僕の肩に腕を回して声をかけてきた。

「うちにはな、日本語が話せて、奥さんが日本人のスタッフがいるんだ。日本語で話せるから、中に入って話していきなさい」

え!? 日本語が話せるスタッフがいる!? ここ、オスロだよ?店内に日本人、いやアジア人すらいなかったし、それっぽい人もいなかったけどなあ……。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。