山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2013年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年07月
ARCHIVE ≫ 2013年07月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2013年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

靴オタクあるある

固形化クリーム

靴オタクあるある。靴好きになったばかりの頃は、靴磨きに一足5-10分ぐらいで終わっていたのに、どんどんオタクになっていくにつれて、靴磨きに一足30分以上、時には1時間ぐらいかかるようになっている。
でも、ソールのケアまでやっていたら、マジで1時間かかりますよね。あ、これは僕がオタクだからですか。ああ、そうですか。

靴オタクあるある。靴磨きしようと、勇んで靴クリームの蓋を開けてみたら、中身が固形化していた時の絶望感。

画像に写っている、固形化してしまったクリームは、両方ともアレン・エドモンズのコードヴァン用クリームです。いずれも10年以上前に入手しました。

10年以上前、「コードヴァン用」と銘打って売られていた靴クリームは、このアレン・エドモンズのコードヴァン用クリームだけだったんですよね。色は黒とバーガンディのみで、ニュートラルや他の色はなし。そして、このバーガンディも赤みが強く、オールデンのバーガンディコードヴァン(いわゆるナンバー8)とは少し色が合わないんですよね。だから、当時はコードヴァンに塗るクリームはどうしようか、ちょいと悩まされたもんですよ。

現在では、コードヴァン用クリームはいくつかのメイカーから出ておりますし、色数もそこそこあります。こう言う点からも、だんだんと日本では、高級靴が根付いてきているんだなと感じさせられますね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。