山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2012年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年06月
ARCHIVE ≫ 2012年06月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2012年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

10年かー

旧シューズページトップ画像


好きだからと言う理由で始めて、やってみたら思いのほかハマッてしまい、いつの間にか熱心になっている……、この感覚は何かに似ているなあーと考えてみたら、クラブ活動ですね。そうか!ウェブサイト運営とは、クラブ活動だったんだ!

学生時のクラブ活動で言うなら、サイト運営は新聞部でしょうか。小学5年生の3学期、僕は新聞委員だったのですが、僕が作った学級新聞を見て、担任の先生は言いました。

「良い出来だった!でもな、これ1回じゃだめだ。この出来を、2回、3回と続けてこそ意味があるんだ。ずっと、この出来を維持していくんだぞ」

しかし、先生の激励むなしく、僕は学級新聞を作るのが面倒くさくなり、結局、その一回しか作りませんでした。先生は僕の性格を知ってるからこそ、わざわざそう言ってきたんだろうなー、と思います(でも、小学4年生の時は何度も作ったんだけどな……)。先生、貴重なお言葉をどうもありがとうございました。とりあえず、ウェブサイト運営は10年続きました(笑)。

サイト運営について、「いつまでやる」と言う目標や期限があったわけではないですが、まさか10年続くとも思っていなかったので、この現実に呆れ半分、驚き半分です。

とは言え、開設して10年も経つというのに、相変わらず、「作成中」の箇所が多いサイトですね。正直、「マンガ」ページや「他」ページについては、作成を諦めておりまして、いずれ昨年の稲中のように、Weblogでやろうかなと思っております。

僕がウェブサイトの作成を開始したのが、もう11年前。ウェブサイト作成の知識がゼロだった僕は、ホームページ・ビルダーを扱うのに四苦八苦。そして、当時はブロードバンドも普及していなかったため、画像を軽くするのにも神経を使ったものです。現在では光ファイバーやADSLが当たり前すぎて、「ブロードバンド」って、ほとんど死語になっておりますね。
まず僕のサイトを見ると、今時フレーム・ページと言うのが、旧型サイトと言うのを物語っていますよね。最近のホームページ・ビルダーの本では、フレーム・ページの作成方法が載っていなくてびっくりしました。現在では画面分割型のサイトを作る場合、フレームではなく、スタイルシートを使うのが一般的のようですね。僕が作成した当時は、まだスタイルシートが一般的ではなく、あえてあまり使わずに作成したのですが(少しだけ使ってる)、現在ではそのスタイルシートを活用してないため、何かと不具合があります。作成した当時は、BlogやYouTube、SNSと言った便利なサーヴィスもないし、10年一昔とはよく言ったものです。本当なら、サイトとSNSの連携も深めたいし、抜本的にサイトを作り直したくもあるのですが、そんな時間はございませぬ。

と言いますか、このWeblogもいつの間にか、ブラウザ次第で正しく表示されないようになっておりますね。でも、手直しするのが面倒なので、そのまま放置しております。正しく表示されないと、殺風景なデザインですよねー、このWeblog。

僕がサイトを作成した理由は、前述したように、靴にしても服にしても巨人にしてもスポーツにしてもマンガにしても、「好きだから」と言うのが大きいです。だからこそ、ページ作成も楽しく、続けていけるのだと思います。

そして、僕がこれだけ靴にのめり込み、サイト運営にまで至った理由は、幸か不幸か大学生の時、高級既製靴を何足か買い、いわゆる"高級品"の素晴らしさを知ったからです。

安くて良い物も素晴らしいけれど、そのクォリティは、高くて良い物には絶対にかなわないと言う事を、僕は靴を通じて知りました(高くて悪い物もあるんだけど)。

そして、高くて良い物は、何がどう言う理由で、どう素晴らしいのか伝えたくなりました。

世の中には、こんなに良い物がある。これは、こうこうこう言う理由で高いけれど、だからこそ、これだけの機能性や美しさが備わっている、素晴らしい物なんだよと。

本当に良い物、その素晴らしさを世に伝えたい、広めたい、残していきたい。

しかし、僕が良いと思っている物は、果たして"本当に"良い物なのだろうか?

世の中、"本当に"良いと言える物は、一体どれだけあるんだろうか?

僕自身、"本当に"良い物を知りたい、探りたい、学びたい。

そう言うテーマで作ったのが、この靴と服のサイトであります(スポーツやマンガなど、他コンテンツは作成理由は異なります)。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。