山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2012年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年05月
ARCHIVE ≫ 2012年05月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2012年05月  | 翌月 ≫

靴オタクにとってのシュー・トゥリー

所有するシュー・トゥリーたち

靴オタクの必須道具の一つに、シュー・トゥリーがあります。

シュー・トゥリーの役割は、言うまでもなく靴の形状を元に戻し、靴を長持ちさせる事ですね。

そのシュー・トゥリーですが、実は、その人が靴オタクかどうかの、判断材料にも使えるんです。

と言いますか、まずシュー・トゥリーと言う言葉を使う時点で、その方は靴オタクである可能性が十分考えられますよね。靴オタクではない人は、シュー・キーパーと呼ぶ人が多いと思いますから。

さて、高級靴店なり、百貨店の靴売り場に行ってみて下さい。高級靴には大抵、スプリング式シュー・トゥリーが装着されておりますが、その高級靴を片手で持ち上げ、もう片方の手で、スプリング式シュー・トゥリーをスムーズに着脱させている方が、ちらほら見られます。

もうお分かりですね?その方は、高確率で靴オタク危険です。近寄らない事をお薦めします。もちろん、僕自身もやたらと着脱がスムーズな奴である事は言うまでもありません。

靴オタクの方なら、身に覚えがあるはずです。

靴オタク初心者の頃は、靴を床に置いた状態でないと、スプリング式シュー・トゥリーが着脱できなかった事を。

シュー・トゥリーを着脱させる際、抜き差しする角度や、スプリングに対しての力の入れ具合の、コツが分からないんですよね。

それが、ある程度月日が経つと、あら不思議、床に靴を置かずとも、片手で靴を持ち上げた状態で、するりとスプリング式シュー・トゥリーをが着脱できるようになります。

「あれ、いつの間に……」

シュー・トゥリーに手こずった過去が嘘のよう。立派な靴オタクが誕生した瞬間です。

その一方で、靴売り場では、シュー・トゥリーをなかなか外せない、または外したはいいものの、そのシュー・トゥリーを元に戻せず、「お客様、私がやります」とスタッフさんを声をかけられている方もいらっしゃいます。少々カッコ悪くはありますが、こう言う方は、まだ靴オタクになりきれておりません。気軽に仲良くなって下さい。

高級靴ブームと言われて、もう10年以上が経過しました。昔、靴売り場では、「シュー・トゥリーを勝手に外さないで下さい」とか、「シュー・トゥリーを外す場合は、店員に一声おかけ下さい」とか言う文は、どこにも見られませんでしたが、最近ではしばしば目にします。高級靴が、それだけ世に根付いたのを実感しますね。

そんな靴オタクとって身近な存在であるシュー・トゥリーですが、気になるのは、靴を履いた後、どのタイミングでシュー・トゥリーを装着するかですね。

このタイミングについても人それぞれだと思いますが、僭越ながら、一応靴オタク歴(たったの)10数年の僕の場合を書いてみようと思います。