山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2012年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年04月
ARCHIVE ≫ 2012年04月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2012年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ミスター・サタンが教えてくれる

「ドラゴンボール」は僕が小学1年生時に連載開始し、高校3年生時に終了した作品です。当然、僕は第1話から最終回まで、全てリアルタイムで読んでまして、まさに「ドラゴンボール」ど真ん中世代。僕の学生生活は、「ドラゴンボール」とともにありました。

昔、雑誌「プレイボーイ」にて、「火事場の馬鹿力をクソ力と言う君、君は間違いなくキン肉マン世代だ!」とありましたが、「飲茶をヤムチャと言う君、君は間違いなくドラゴンボール世代だ!」です。

日本人の大多数の方は、飲茶よりもヤムチャを先に知ったんじゃないでしょうか。少なくとも、僕はそうです。また、僕は孫悟空よりも先に孫悟空を知っておりましたが、僕より年下の世代の方は、孫悟空よりも先に孫悟空を知った方が多い気がします。

そして、月の光は太陽の光が反射した物と、ベジータから教わった人は「ドラゴンボールZ世代」と言えましょう。

また、「手紙」を「信」。中国ではこうかくのを知っている人は、「ドラゴンボールリアルタイム世代」ですね。

そんなドラゴンボールリアルタイム世代の僕も、今年で35歳になるおじさんなのですが、10歳以上年下の方に、パンプットの話をしても普通に付いてくるのを見ると、年齢など関係なく人気を誇る、「ドラゴンボール」の凄みを感じます。

僕が作中で好きなキャラは、武天老師様とクリリンです。

武天老師様は、多くの人に尊敬される、偉くて立派な著名人なのに、まったく気取らず、気さくで優しく面白く、そして決める時にはきっちり決める、その人柄が大好きです。これは、ペンギン村在住の則巻千兵衛博士と通じるものがありますね。

クリリンは作品初期から終盤までメインキャラとして活躍しましたが、やはりベジータ&ナッパ戦での大奮闘は、カッコ良かったですね。特に大苦戦の最中に放った、起死回生の気円斬に、「惜っしいいいいいいいいい!!!!!」と声を上げたのは、僕だけじゃなかったはずです。

そんな素敵なキャラたちの中、存在が目障りで仕方なく、大嫌いだったのが、ミスター・サタンです。

ミスター・サタンの初登場時、僕は現役中学生。

大ホラ吹きで口先男、言い訳ばかりで見苦しく、保身だけは全力で、激弱いくせに孫悟空たちを見下す態度、ミスター・サタンのその行動と言動に、僕はいちいち不愉快でした。

そして僕だけでなく、友達の間でも、ミスター・サタンは圧倒的不人気を誇っていました。

セルゲームの際、クリリンが言っていましたね。

「正直言って、セルを応援した」

そして言うまでもなく、僕もセルを全力応援していました。

そんな憎たらしいミスター・サタンですが、僕も30歳を過ぎたあたりからでしょうか、少し見方が変わってきたんです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。