山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2010年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2010年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年11月
ARCHIVE ≫ 2010年11月
      
≪ 前月 |  2010年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「芸術的服地館」を新設

10月いっぱいで、「オーダーメイダーズ」さんがなくなってしまい、それに伴いまして、僕が「オーダーメイダーズ」さん内で開設していたWeblog別館、「The Artistic Fabric」もなくなってしまいました。

それで、サイト内に「芸術的服地館」を新設し、そちらに「The Artistic Fabric」の内容を掲載しております。

バークレイの項目でも触れておりますが、個人的にたくさん生地を見ていくうち、ヴィンテージの日本製生地が面白いなと感じております。最近では、重くて硬いのが良いと言う事で、英国製生地に人気が集まっているようですが、重くて硬いなら、ヴィンテージの日本製生地でしょう!と思ってしまいます。昔の日本製生地だと、色出し、色彩感覚、センス、風合いの点で確かに疑問はあるのですが、それでも中には良いのがありますし、何と言ってもその高密度に織り上げられた感触が魅力!です!その手触り、「ガチガチ」じゃないです。「ガッチンガッチン」です。しかもリーズナブルです(笑)。もちろん、全てのヴィンテージ日本製生地がそうと言うわけではないのですが……。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。