FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2010年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年03月
ARCHIVE ≫ 2010年03月
      
≪ 前月 |  2010年03月  | 翌月 ≫

今さら「最高級靴読本4」

もう発売されて大分経ちましたが、「最高級靴読本4」が発売されましたね。

今回も楽しめたのですが、中でも日本人靴職人さんについての特集、面白かったですね!職人さんの回答それぞれに、方向性、精神性が見えて、興味深かったです。

小笠原シューズの根岸貴之さん、2年前、浅草にある靴の部材屋さんにて、「小笠原シューズに、若いながらも社長の右腕にまでなっている、根岸って職人がいる」と聞いた事がありまして、ずっと気になっていたのですが、こうやって詳細が分かると嬉しくなっちゃいます(笑)。

そしてかなり前に、大川バセット由紀子さんのBlogにて、イギリス・ビスポーク・クローザーのナンバーワンとして紹介されていたジミー・コバルチックさんも登場されておりました。

「3」のエリック・クックさんもそうでしたが、以前から噂でしか聞いた事がなかった職人さんが、こうやって記事になって紹介されると、謎が解明された気分になって、僕としてはついつい読み込んでしまいます(笑)。

自慢のレア靴選手権も、好奇心が刺激されて、まじまじと眺めてしまいました。これを読んでいると、高級靴のバリエイション豊かさに改めて驚きます。特にキャメル革、どんな風合い、履き心地なのか、気になりますね~。

アンダー5万円日本製靴特集も楽しめました。やはり、日本製高級靴は真面目に作られているなあ~と再認識です。できればこれに加えて、大塚製靴も見たかったですね(笑)。
写真のみの判断ですが、掲載されている中でも特に、ミヤギコウギョウさんが上質に思えました。クォリティだけでなく、フォルムとデザインも普遍的で、カッコ良いですよね。願わくば勝手ながら、このコストパフォーマンスの良さを今後も維持して頂きたいところです……。10年ほど前に登場した、日本製高級靴の先鋒ブランド、今では有名になりすぎて、規模も大きくなり、クォリティ迷走の気配が見られますからね……それでも同価格帯のインポート物よりは良く出来ていると思いますが。

しかし気になったのが、このアンダー5万円日本製靴特集に対して、その後に続く某英国靴特集に矛盾が感じられた事です。