山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2008年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年07月
ARCHIVE ≫ 2008年07月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2008年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

映画「半身反義」鑑賞

先週の金曜日、25日は池袋にあるシネマ・ロサにて映画鑑賞。作品名は「半身反義」です。

石井裕也監督作品同様、今年のロッテルダム国際映画祭上映作品でもあります。
僕がこれまで面識のある方数名が、この「半身反義」の竹藤佳世監督と関わりがございまして、それで、この作品に興味を持ったのですね。

内容の詳細は「半身反義」公式サイトに掲載されておりますが……、山岸達児さん(「東京オリンピック」、「日本万国博」などの演出家)を取り巻く、同志たちの固い絆、熱い友情には感動致しました。

そして、山岸さんの目からは、まだ何かをしたいという意欲が強烈に感じられ、とても老人、とても病人とは思えぬ圧倒感。人とはこんなにも強いものかと、山岸さんを通じて、生命力の凄まじさを教えられました。

作品の雰囲気には重みがありますが、ラストには思わず笑みがこぼれ、心温まるシーンが用意されております……。

また、昭和の映像作家さんたちの記録映画としても、価値のある作品だと思いました。山岸さんをはじめ、やはり一時代を駆けた方々のキャラクターは興味深いです!

こちらの上映は、池袋のシネマ・ロサにて、8月1日まで、21時からレイトショー上映されております。

終了までもうすぐで恐縮ですが、ご鑑賞をお薦め致します!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。