FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2020年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 芸能

奥村雄大(鴈龍太郎)さん、どうもありがとうございました。

奥村雄大さんと僕

大変遅れ馳せながら、鴈龍太郎さんがご逝去されていたと知りました……。まだお若いのに……。僕としては、本名である奥村雄大(たけひろ)さんの名の方が馴染み深いですね……。

雄大さんとは、1983年10月と1984年3月の舞台版「座頭市」にて共演させて頂きました。そして、この1983年10月の「座頭市」公演が、雄大さんの初舞台と聞いております。

「お兄ちゃん、年いくつ?」
「19歳だよ」
「僕とお兄ちゃんは"大人"じゃないね」

公演当時、そう言った会話をしましたね。確か1983年10月公演の出演者で、未成年男性だったのは雄大さんと僕だけだったと思います。

雄大さんのお父様である勝新太郎さんは大変優しい方で知られており、全くそのとおりなのですが、雄大さんご自身も大変優しい方でした。


木内みどりさん、どうもありがとうございました。

木内みどりさんと僕

木内みどりさんとは、33年前に「美味しんぼ倶楽部」にて、ご一緒にレギュラー出演させて頂きました。もう69歳だったんですね……。木内さんは陽気でとても話しやすく、僕は木内さんの楽屋に行っては、よく遊んで頂いたのが思い出されます。

木内さんは僕たち出演子役を活かして、出演コーナーを盛り上げようと力を尽くして下さったのですが、僕の理解力、対応力がひどすぎて、木内さんの気持ちに応えられていませんでした。申し訳ありませんでした。めっちゃくちゃ力不足の僕なのに、巧みに番組を回して下さった、木内さんは凄いなと頭が下がります。

そして、全然お役に立ててない僕なのに、いつも優しく温かく僕と接して下さった木内さんには本当に感謝です。

木内さんが僕の事を覚えていて下さっているかは分かりませんが、もし木内さんと再会できたら、番組のお役に立てず、ご苦労をおかけした事をお詫びしたかったです。

木内さんとお仕事して、非常に勉強になりました。心よりお礼を申し上げます、どうもありがとうございました。ご冥福をお祈り致します。

テアトル新宿にて上映中、出演作「Noise」。大阪、名古屋、京都、神戸でも上映されます

Noise

現在、テアトル新宿にて出演作の「Noise」が上映されておりますー。レインダンス映画祭やモントリオール世界映画祭など、海外の映画祭で何度も上映された作品です。



僕は出番は少ないながら面白い役で出演しておりまして、主演の篠崎こころさんの下記インタヴュー動画では、僕も少々映っております☆。



3月29日からはシネ・リーブル梅田で、3月30日からは名古屋のシネマスコーレで、さらに京都の出町座と神戸の元町映画館でも今春上映されます。詳しい上映スケジュールはこちらでご確認をお願い致します。皆様、よろしければ是非ご覧下さい~!

ちなみにこちら↓は一昨年7月にSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて、松本優作監督、主演の篠崎こころさん、安城うららさんと撮影した写真です(笑)。

Noise

Noise


2月27日「水曜日のダウンタウン」

明日、2月27日放送の「水曜日のダウンタウン」に少し出演しております。

皆様、よろしければ是非ご覧下さーい☆。

津川雅彦さん、朝丘雪路さん、どうもありがとうございました。

津川さんと友達と僕

35年前、僕の人生初舞台が、脚本と演出が津川雅彦さん、主演が朝丘雪路さんの舞台、「めおと戦争」でした。

僕にとって、おそらく初めての役名有の出演でした。

冒頭画像は、その舞台の打ち上げにて、津川さんと撮った写真です。昭和初期が時代背景の舞台だったので、役柄として丸坊主にしたんですよね……。帽子を被っている男の子は、僕とよく遊んでくれた、共演した子役さんです。

僕はこの舞台の出演以降、子役として安定して仕事を頂けるようになりました。舞台は稽古期間含めて1ヶ月ほど、幼稚園も丸々休んで、どっぷり芝居漬けの日々。きっとこの舞台にて、芝居に要求される、色んな事を会得したのでしょうね。

「ちゃんと腹から声を出す、正しい発声をしたら、小さい声でも遠くまで届かせられるようになる」
「そんなのできないよー」