山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 珈琲
CATEGORY ≫ 珈琲
       次ページ ≫

CAFE KRAFT in Berlin


珈琲も好きですから、ヨーロッパの町にて良さそうなカフェを見つけては、入店しております。

しかし、ケーキとかの甘い物については美味しいと思える事はあるのですが、珈琲についてはそうもいきません。日本の珈琲専門店は本当にレヴェルが高いなと、感じるばかりです。特に言わずもがな、店主さんがこだわり強い、自家焙煎珈琲店。ただ、日本のそう言った珈琲は値段も高いですが……。
ヨーロッパのカフェは豆の質からしてイマイチに思え(il⚪︎yの豆だったらマシ)、または焙煎が良くなかったり。そして何より、ヨーロッパで、日本の珈琲専門店のようにハンドドリップ、またはサイフォンで珈琲を淹れているお店はほとんどありません。マシンドリップばかりです。

珈琲についてはがっかりさせられっぱなしだったヨーロッパの旅ですが、先日、ついにハイレヴェルな珈琲を見つけました!ベルリンにて、CAFE KRAFT!

僕はこのお店、某注文靴店に行く途中に偶然見つけました。お店の窓に「Specialty Coffee!!」と書かれていたので、期待できるかなと思い入店。まず注文したのは、AMERICANO(アメリカーノ)。いわゆる、アメリカンかな?価格は2.1ユーロ。

美味い!

自家焙煎珈琲店「隠房」にて、ケンズカフェ東京のガトーショコラ

隠房


僕が常時利用している自家焙煎珈琲店の一つに、LCFグループの「隠房(かくれんぼう)」さんがございます。

6年ほど前から利用しておりまして、かつては神田小川町にあったのですが、一昨年に豊島園近くに移転。アクセスしづらい場所になったので、移転後は通信販売での購入ばかりだったのですが、2月1日に、移転後、初めて店舗に伺いました。


「隠房」の店内


店主の栗原さんとお会いするのも久々です。いつもは珈琲豆を買うだけの僕ですが、せっかくの新店舗なので、珈琲も飲んで行こうと思いました。そして、メニューを見てみると……。


隠房メニュー


隠房メニュー


なーんと、ケンズカフェ東京のガトーショコラを扱っているー!


水出し珈琲山下大輔流2012年版

水出し珈琲山下大輔流2012年


夏も終わりましたね。

僕にとって、夏に欠かせないのが水出し珈琲です。ここ7年ほど、夏には自作の水出し珈琲を自宅に常備しております。

水出し珈琲ですが、珈琲豆屋の店主さんに伺うと、その作り方は様々です。一番良いのが、やはり水出し珈琲専用器具による抽出のようですが、それを別にして考えると、主な抽出方法は3つあるようです。

1:挽いた珈琲豆を半日ほど水に漬けて抽出。大抵はこの方法ですね。

2:挽いた珈琲豆を、最初は熱湯でひたひたになるぐらいの量で浸し、「蒸らし」の効果を作る。そして、荒熱を取った後に水を注いで、半日ほど漬けて抽出。

3:挽いた珈琲豆を、最初、熱湯でひたひたになるぐらいの量で浸し、「蒸らし」の効果を作る。その後、さらにお湯を注いで、普段どおりの珈琲を作り、そのまま冷やして半日ほど漬けて抽出。

以上の方法を全て、何度か試してみたところ、僕は2の方法に落ち着きました。理由を単純に述べますと、1だと風味が弱く、3だと渋味が出すぎて、水出し珈琲特有のまろやかさに欠けてしまうからです。

もっとも、これからも水出し珈琲は作り続けますから、それに伴い、試行錯誤もするわけで、しばらく後には、また作り方も変わっているのかもしれません。本当なら、水出し珈琲専用器具で抽出したいのですが、現時点では、自宅で作るのに専用器具を買うのもお金がもったいないと思い、足踏みしております。

下画像は僕のお気に入り珈琲店の一つ、神楽坂にある「ギルドコーヒー」の水出し珈琲。お薦めですよー。

ギルド珈琲の水出し珈琲

ミスティバレー再び!?

開封した途端、鮮烈に漂う甘い香り……。

この香りは……、そう、あのメロンにも似たフルーティな香り……。

3年前の記憶が蘇り、いきなり大きい期待を抱かずにいられません。

早速、珈琲豆をドリップして抽出開始。お湯を注いだ瞬間、強烈に香りがさらに広がります。

抽出液をスプーンで掬い、一気に啜ると、口内で爽やかに弾ける、鮮やかな酸味!フルーティな甘味!

久々に来たぜ!素晴らしいです!今期のLCFグループによる、エチオピア・ナチュラル!

最初の香りからして、以前のエチオピア・ミスティバレーと同種のもので、ハイレヴェルな予感がありましたが、その予想どおりの素晴らしい出来です!

と言いますか、この珈琲豆に添付されていた商品説明文を読んでみたら、「ミスティバレーの良さを十分に思い起こさせるハイレベルの豆」と書かれておりました(笑)。

ただ、それでも以前のミスティバレーの方が、味の濃密感は高かったように思います。そのくらい以前のミスティバレーは凄かった……。ミスティバレーが100点とすれば、今回のエチオピア・ナチュラルは92点ぐらいでしょうか。ちょっぴり及ばない(笑)。

とは言え、今年のエチオピア・ナチュラルも素晴らしいクォリティです!また買いたいですねー!

コットンパワーコーヒーフィルター

コットンパワーコーヒーフィルター


コットンパワーコーヒーフィルター


今月3日、新宿のヤマモトコーヒー店に行ってみたら、コットンパルプ使用の珈琲フィルターと言うのを見つけました。僕はこれ、初めて見たのですが、割と最近発売された商品なのでしょうか……?

僕は普段、円錐型のペーパーフィルターで珈琲を淹れているのですが、これは素材からしてネルドリップに近そう、普通のペーパーフィルターとは違うっぽいぞと思い、購入してみました。価格は60枚入りの1-4人前用で400円と、普通のペーパーフィルターと比べても、ちょっぴり高い程度ですね。


コットンパワーコーヒーフィルター


中身はこんな感じ。触った感触は、普通のペーパーフィルターよりも張りがあり、珈琲を淹れる前から違いを感じさせられます。

そして、淹れてみた珈琲ですが、確かに普通のペーパーフィルターと違います。舌触りがより滑らかになり、味のクリア感が強まりました。微粉の吸着力が、普通のペーパーフィルターより強いのかもしれません。これまでと比べたら、味がマイルドすぎ?と言えば、マイルドすぎかもです(笑)。

購入してから、これまで4杯ほど飲んだのですが、結構気に入りました♪このフィルター、リピーターになろうかと思います。これまで使用してきたペーパーフィルターも併用してみて、味を比較しながら楽しんでも良さそうですね。

珈琲にしても、何にしても、こうやって新しい発見があると楽しいです(笑)。さらに突き詰めていきたい意欲がわいてきますねー。