FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2019年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 靴・服飾

高級靴ブーム20周年

伝説の掲示板


伝説の掲示板


今年の3月いっぱいでジオシティーズのサーヴィスが終了し、それにより、世に高級靴ブームを巻き起こした、あの伝説の掲示板もなくなってしまいました……。

非常に寂しい限りですが、10年前にも書いたとおり、Noriさんが運営していたあの掲示板があったからこそ、今日のビスポーク・シューズと高級靴の復興があります(ちなみに10年前、日本における"ハンドソーン・ウェルテッド製法"の用語の初出は、雑誌「Men's Ex」99年11月号と僕は書きましたが、実際は99年1月号のようです。ごめんなさい)。

あれから20年。つまり今年は、高級靴ブーム20周年。

以下、伝説の靴掲示板から、アントン・コルフさんの伝説の書き込みを引用。

(前略)私のビスポーク経験をお話します。その前に一言、Noriさんは、Eグリーンがお気に入りのようですね。これだけお持ちで、これだけお金を使っているのですから、「ビスポークは高い」という考えはどうかと思います。ビスポーク・シューズを作ったら最後、あなたはきっとこう思わずにはいられないでしょう。

「今まで、俺はなんて無駄使いしていたんだ。Eグリーン4足分位でビスポークが1足注文できてしまうではないか。でも、履き心地、シェイプの美しさ、満足感は4倍どころではないぞ。10倍?、100倍?、いや、これは全く次元が違うぞ。それに今まではEグリーンこそ美しい靴だと思っていたのに、並べてみると随分Eグリーンはズングリしていてかっこ悪いぞ。革だってあんまりよくないな。色もよくないな。細かなディテールもあまいな。なんでこんな靴に高い金を出していたんだ。」

そうなのです。ビスポーク・シューズを注文したら最後、5~10数万円の既製靴がとっても高く感じて勿体無くなってしまうのです。ビスポークは、軽く、軟らか且つしなやかですしかも丈夫です。大理石の床だって合成底よりも滑りませんよ。底の減りも格段に少ないし。そして、歩いたときに音が全くしないのです。Eグリーンでは斜めに足をついた時(例、歩道の縁など)に底が変に捩じれて足をまもることができない。でもビスポークではしっかりとホールドしてくれ、しかもボールジョイント部できちんとしなやかに曲がってくれる。さらに修理に出しても出来上がったときの状態になって戻ってきます。これは感激です。よく見ると確かに傷があるので新品ではないとわかるほどなのです。ポリッシュされている分、修理前よりも色に深みがあります。既製のように底材が変わって履き心地が全く別物になったり、違うラストを入れて修理をするので形が変わったりということが有りません。そもそも既製の場合、ラストが自分の足型とは違っているので、履き込んだ後の靴に、たとえ本当のラストを入れて修理しても意味が無い。そして、ビスポークを履いた後にお気に入りの既製靴を履いてご覧なさい。今まで一番自分の足型に合っていると思っていた既製靴が、「ここが当たっている、ここはスカスカだ。全然合っていないじゃないか。今まで、なんでこんな靴を履き易いと思っていたのだろう?」となるでしょう。自分の足の感覚の精度が、ビスポーク未経験時では3~10ミリ単位だったのが、ビスポーク経験後は1ミリ未満の当たり・隙間がわかるようになってしまうのです。
以上のお話はジョージ・クレバリーに限ってのお話でした。クレバリーは繊細で華奢でエレガントで美しく履き易く丈夫で言うこと無しです。よっぽど足の形が悪くなければ、他のメーカーと違って素晴らしいシェイプとなります。おそらく日本人男性の60%程度の人がOKなのでは?


(中略)

Eグリーン、ラッタンジにまでたどり着き、紳士靴の世界の道のりを98%くらい達成したと思います。でも残りの2%がすごいのです。この2%の扉をあけたとたん、今までとは全く違った世界の部屋が待っているのです。蟻は2次元の世界に住むと言われる。2次元の世界に住むものは3次元の世界は想像できない。3次元の世界に住む我々人間は4次元の世界が想像できない。X,Y,Zの3本の垂直に交わる線に、さらにもう1本垂直に交わる線のある世界とは? 既製靴とビスポークでは次元が違うのです。既製靴を何百、何千、何万と積み重ねてもビスポークにはならないのです。
(後略)

この掲示板が登場し、この書き込みがあって以降、ビスポーク・シューズへの興味が靴愛好家の間でいっせいに広まりました。これ以前も、ビスポーク・シューズについては雑誌媒体などで紹介はされていましたが、どう素晴らしいのか、いまいち想像し辛かったんですよね……。

Noriさんが掲示板を開設した4月7日は、「高級靴の日」に制定して良いと思います。

Foster & Son ready-to-wear shoes that are made by their own factory(フォスター&サンの自社工場製既製靴)

フォスター&サンの既製靴

ビスポーク・シューメイカーとして名高いフォスター&サンですが、最近、ノーサンプトンに既製靴生産のための自社工場を設立しました。以前からもフォスター&サンに既製靴はあったのですが、他社工場製でして、自社生産ではなかったんですね。

そして先日、その自社工場製既製靴のサンプルを拝見しまして、なかなか良い出来でした。綺麗な釣り込みと言い、丁寧な仕上げと言い、「英国製高級既製靴」の枠内ではトップクラスのクォリティですね。
もっとも、既製靴はまだ試作段階だそうで、今後、仕様が変更になる可能性はあるそうです。何より、あくまでサンプルなので、量産体制に入った後もクォリティが維持できているかまでは分かりません。


フォスター&サンの既製靴通常ライン

拝見したフォスター&サンの自社工場製既製靴は、通常ラインと上級ラインの二種類あり、こちらは通常ラインのサンプル。ただ、この通常ラインは短期間でなくなる予定だそうで、いずれは上級ラインのみの展開となるそうです。


フォスター&サンの既製靴通常ラインのアウトソール

通常ラインのアウトソール。


フォスター&サンの既製靴ロゴ

インソックスに入るロゴは、通常ラインも上級ラインも同じでした。僕の知る限り、39年前のフォスター&サンの既製靴も、これと同じロゴデザインでしたね。ただ、このロゴも、今後は変わる可能性があるそうです。


フォスター&サンの既製靴上級ライン

こちらがフォスター&サン自社工場製既製靴の上級ラインのサンプル。


フォスター&サンの既製靴上級ラインのシームレスヒール


フォスター&サンの既製靴上級ラインのアウトソール

上級ラインはシームレスヒールにフィドルバックと、上級っぽい見た目になっておりますね。でも個人的には、これらにかける手間があるなら、その手間を履き心地に関わる部分に費やすか、これらに手間を割かないで価格を下げるようにして欲しいなと思いました。

とは言え、販売のためなら、こう言った分かりやすい見た目アピールも大切なのでしょうね。それに、高級品の分野だと、価格を下げたら必ずしも売れるとは限らないのが面白いところです……。

シームレスヒールにフィドルバックを除けば、上級ラインの靴全体から感じる雰囲気はエドワード・グリーンと似ていると思いました。この自社工場の工場長は、エドワード・グリーンとコルテにて勤務歴があるそうです。


The online order of Custom-made belt on duret new website.(デュレの新ウェブサイトでのカスタムメイドベルトのオンラインオーダー)

デュレの新ウェブサイト

僕が3年前にも伺った、パリの革小物と鞄工房、Duret Paris(デュレ・パリ)のウェブサイトが、少し前にリニューアルされました。そして、以前からもあったカスタムメイド・ベルトのオンラインオーダーが面白いので、ご紹介させて頂きます。とは言え、僕はデュレのベルトを持っていないのですが(笑)。なお、デュレの製品は海外発送も承っておりまして、もちろん、日本へも発送しております。

まず、デュレのウェブサイトのアドレスは下記です。

https://www.duret-paris.com/

そして、カスタムメイド・ベルトのオンラインオーダーページは下記ですね。

https://www.duret-paris.com/en/configurator


このページから、手軽に注文できます。

デュレのカスタムメイドベルト注文ページ


まずは……(以降の画像をクリックすると、拡大画像が出ます)。


Emelie Stenlund of Skomakeri Framåt that Swedish Royal Warrant Bespoke Shoemaker and Konomi Egawa of Hiro Yanagimachi workshop visited Shoes Repair Gato(スウェーデン王室御用達ビスポーク・シューメイカー、スコマケリ・フラモットのエミリー・ステーンラウドさんとヒロ・ヤナギマチワークショップの江川このみさんが靴修理店Gatoを訪問)

エミリーさんと江川さん、Gatoさんを訪問中

スウェーデン王室御用達ビスポークシューメイカー、Skomakeri Framåt(スコマケリ・フラモット)所属の靴職人、Emelie Stenlund(エミリー・ステーンルンド)さんが二度目の来日をしております。

目的は日本各地の旅行と、ヒロ・ヤナギマチワークショップにて研修を受けるためです。そして、東京滞在中、僕の地元の靴修理店GATOさんに、ヒロ・ヤナギマチワークショップの製甲師、江川このみさんといらっしゃるとの事なので、僕も訪問日時に合わせて伺って参りました。エミリーさんとは、4年前にストックホルムの店舗にてお会いして以来です。


カリーナさんたち

4年前に撮影した、スコマケリ・フラモットの職人さんたち(スコマケリはスウェーデン語でシューメイカーの意味)。中央でブーツを抱えているのは、店主のCarina Eneroth(カリーナ・エネロス)さん。一番右がエミリーさんで、当時はご結婚前だったため、お名前はEmelie Bergman(エミリー・ベルイマン)さんでした。

エミリーさんはStockholms Hantverksförening(=ストックホルム手工芸協会)における、若手独身女性職人を対象とした奨学金を2013年に授与されている、スウェーデンハンドメイド業界の若手有望株。その奨学金を使って、エミリーさんは2014年7月に、アメリカのオクラホマにある、ビスポーク・カウボーイブーツメイカー、Lisa Sorrell(リサ・ソレル)にて研修を受けております。

ちなみに僕は、リサさんと2010年の国際靴職人技能コンクール会場にてお会いした事があり、その時、リサさんとカリーナさんは仲良くお話ししておりました。カリーナさんとリサさんの親交は深いようですね。


エミリーさんの靴修理師職人資格免状

スウェーデンにも靴職人組合があり、ドイツなどのマイスター制度と同じく、職人にも腕前によって、「Lärling(=見習い)」、「Gesäll(=職人)」、「Mästare(=親方)」と三段階に分かれております。そして、4年前時点のエミリーさんは、「靴修理師」の「職人」資格をお持ちで、上画像はその免状です。


View this post on Instagram

Me and my certificate 😄💕 #gmu16 #bespokeshoemaker #bespoke #bespokeshoes

Emelieさん(@emelie_skomakare)がシェアした投稿 -


そしてエミリーさんは、2016年に「注文靴職人」の「職人」資格を取得しており、順調にキャリアを積んでおります。上画像は、エミリーさんのインスタグラムにおける、注文靴職人の職人資格授与式の写真です。

さらにエミリーさんは、英国のBill Bird Shoes(ビル・バード・シューズ)Lastmakers House(ラストメイカーズ・ハウス)でも研修歴があり(ラストメイカーズ・ハウスはフラモットの皆様も一緒)、そして今回は柳町さんの工房にて研修と、技術習得に熱心です。


Patrick Frei and Jesper Ingevaldsson went on a tour around the shoes area of Asakusa(パトリック・フライさんとイェスペル・インゲヴァルソンさんの浅草靴界隈巡り)

10月に訪日した第1回ワールド・チャンピオンシップ・イン・シューメイキング優勝者、Patrick Frei(パトリック・フライ)さんと、世界的に著名な靴ブロガー、Jesper Ingevaldsson(イェスペル・インゲヴァルソン)さんが、10月9日には浅草の靴界隈巡り。僕はこちらにも、(超拙いけど)通訳と言う事で同行しました。

まずは自転車を借りまして、最初に伺ったのは、製靴用資材卸のマモルです。パトリックさんは早速夢中になって、良さそうな道具や資材を探しておりました。ただ、マモルでは写真撮影NGのため、こちらでの画像はないのですが……。


ジョー・ワークス訪問中

次に伺ったのは、JOE WORKS(ジョー・ワークス)。よく知られているとおり、ビスポーク・シューメイカー、クレマチス銀座の既製靴ラインの製造元ですね。イェスペルさんは以前にもジョー・ワークスに来た事があるため、自転車で向かう際、「こっちだ」と、僕よりも道に慣れていました(笑)。


ジョー・ワークス訪問中

二階のショー・ルームにて、サンプルを鑑賞するお二人。


ジョー・ワークスのサンプルシューズ

僕が初めてジョー・ワークスを知ったのはインスタグラムを通じてなのですが、「グッドイヤー・ウェルテッド製法とは思えない綺麗なライン!(つまりハンドソーン・ウェルテッド製法ではないのに)」が第一印象でした。それについて代表の駒澤崇行さんにお話を伺うと、ジョー・ワークスでは、最初にマシンで釣り込みをした後に、さらにハンドでの釣り込みも行っているとの事。

グッドイヤー・ウェルテッド製法の場合、マシンで革を引っ張って立体成形を行いますが、マシンだとハンドと比べて、引っ張る方向がどうしても限定されます。
しかし、ハンドだとマシンと違って革を引っ張る方向が自在のため、ハンドでしか成し得ない立体性とラインを産み出せるわけです。それは踏まずをはじめとした、曲線の強い箇所だとより顕著になります。そして、立体性に優れた靴が、履き心地が良いのは言うまでもなく、見た目も美しいです。

ジョー・ワークスのラインの美しさは、英国風のカッコ良いラスト形状はもちろん、この一手間あっての事かと納得しました。ジョー・ワークスのウェブサイトに、当社では各工程の随所に 「もうひと手間」 手の作業を挟み、と書かれておりますが、このハンドでの釣り込みも、その 「もうひと手間」 手の作業の一つなのだなと思いました。このクォリティで、価格は税込7万円台~とは、素晴らしいです!

あと、ジョー・ワークスのサンプルの中には、ライニングおよびインソックスにゴートスキンを使用しているモデルもありました。ゴートスキンは柔らかくて摩擦に強い特徴があるため、確かにライニングに向いた素材でして、欧州のビスポーク・シューズや、高級既製靴ではイタリアンブランドで使用されているのがたまに見られます。しかし、日本製高級靴ではあまり見られないので驚きました。