山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 野球以外スポーツ
CATEGORY ≫ 野球以外スポーツ
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ロシアリーグでは本田圭佑選手以上の成績だったドゥンビア・セイドゥ選手がW杯代表落選

もうすぐサッカーW杯開幕で、各国代表メンバーも発表されましたが、Jリーグ所属歴のある外国人選手が気になる僕としては、元柏レイソル、元徳島ヴォルティスのドゥンビア・セイドゥ選手の落選が非常に残念。

今大会のブラジル代表であるフッキ選手を抑えて、13-14ロシアリーグ得点王になったドゥンビア選手が落選するコートジボワール代表、その実力やいかに?ご存知のとおり、グループリーグにおける日本代表の対戦相手ですね。

ドゥンビア選手は10代にして05年コートジボワールリーグ得点王を獲得し、Jリーグを経た後はスイスリーグにて、08-09年と09-10年、2年連続MVPと得点王。続いてロシアリーグでは、10年に右FW部門3位、11年にMVP、11-12年に得点王とベスト11、13年11月月間MVP、そして13-14年に得点王と、輝かしい実績。現役外国人選手の中では、フッキ選手に次ぐ、Jリーグ出世組。

そしてロシアリーグでは、日本代表の主軸、本田圭佑選手の上を行く成績でした。

スポンサーサイト

天才

言っても仕方のない事だし、現実味のない事だと分かっているけど、それでも言うよ。

小野伸二が代表にいない!小野伸二をW杯で観たい!!!

AFCチャンピオンズリーグ決勝トーナメントにて、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズが、小野選手の全2得点に絡む大活躍でサンフレッチェ広島に勝利し、ベスト8進出を決めたそうですね。

「Jリーグ優勝チームより、オレの方が上だ」

小野選手の、遠い異国から日本へ、無言の咆哮に聞こえたのは僕だけでしょうか……。

小野選手は前年度のAリーグ(オーストラリア・リーグ)でも、ベスト11にも選出されていますね。

サッカー日本代表の皆様、W杯、頑張って下さい。前回と同じか、それ以上の結果を期待しております!

「サン・ドニの悲劇」の日、パリにて

山下大輔2001年3月パリにて


親善試合とは言え、サッカー男子日本代表がフランス代表相手に勝利しましたね。

11年前は5-0で負けた相手です。いわゆる、「サン・ドニの悲劇」ですが、実は僕、その日、ちょうどパリを旅行中だったのです。

一応、僕もサッカー好きなので、せっかくだから観戦に行こうかなと思ったのですが、何しろ一人で旅行していたため、一人応援も寂しく思い、結局、行きませんでした。

その日、僕は買い物を楽しんでおりまして、シャツを注文したりもしたんですね。その時、お店のオーナーさんと、こんな話もしました。

「今日、サッカーの代表の試合がありますね。最近、日本は強いですね」


若き天才と百戦錬磨の名手、その一瞬の攻防

ロンドンオリンピック、今回も面白かったですね。選手の皆様、お疲れ様でした。

以前にも書きましたが、僕が今回の五輪で一番注目していたのはなでしこジャパンです。銀メダルおめでとうございます。表彰式でのなでしこジャパンの明るいパフォーマンス、爽やかな表情、とても素敵でしたね。

そして五輪後も、澤選手が現役でいてくれるのが嬉しいです。まだまだ世界トップクラスのプレイヤーですし、今回の五輪でも、「次の五輪も出られるんじゃないの?」と思えるほどの活躍でした。本当にカッコ良い方です……。

さて、今回の五輪において、僕が観た中で一番印象深いシーンは、女子サッカー決勝戦にて、途中出場した岩渕真奈選手がホープ・ソロ選手にシュートを阻まれたシーンです。

それは後半38分、アメリカ代表DF、ランポーン選手がボールを受けようとした瞬間、わずかな隙を逃さず、一瞬で詰めてボールを奪い取る岩渕選手、素晴らしいスピードとセンス。


野球選手の走力とサッカー選手の走力

ロンドン五輪、なでしこジャパンだけでなく、サッカー男子も面白いですね!永井謙佑選手の快足は頼もしく、走り出すやいなや、相手ディフェンスを混乱に陥れる姿は痛快で、そして面白いです♪エジプト戦では怪我してしまいましたが、次の試合は大丈夫なのでしょうか……。気になりますね。

それにしても、サッカーにおける永井姓の選手って、高速ドリブルを武器にする選手が多いのはなぜだろう……?

さて、サッカーでこう言った俊足選手が活躍すると、やはりタイムが報道されますが、永井選手は50mラップ5秒8。

そして、おそらく永井選手と同レヴェルの快足であろう、全盛期の岡野雅行選手は100mラップ10秒8。長友佑都選手も10秒8らしいですね。そして、メキシコ五輪サッカー日本代表で、快足ウィングで鳴らした杉山隆一選手も10秒8だったらしいです。宮市亮選手は、10秒8とも10秒6とも言われていますね。

しかし、気になるのが、実はこのぐらいのタイム、プロ野球選手ではあまり珍しくないのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。