山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 山下大輔報告2015年
CATEGORY ≫ 山下大輔報告2015年
      

帰還!(Japan!)

帰還

Thank you very much everyone!

Vielen Dank jeder!

Najlepša hvala vsem!

Köszönöm szépen mindenkinek!

Děkuji moc všem!

Dziękuję bardzo wszystkim!

Heel erg bedankt iedereen!

Mange tak alle sammen!

Tusen takk alle!

Tack så mycket alla!

Paljon kiitoksia jokainen!

Большое спасибо всем!

Велике спасибі всім!

Vă mulțumesc foarte mult tuturor!

Çok teşekkür ederim Herkes!

Благодаря ви много на всички!

Хвала вам пуно свима!

Hvala vam vrlo mnogo svima!

Ju faleminderit shumë gjithkush!

Σας ευχαριστώ πολύ όλους!

Go raibh maith agat do gach duine go mór!

Merci beaucoup à tout le monde!

Muito obrigado a todos!

Muchas gracias a todos!

Grazie mille a tutti!


今回の旅にお力添え下さった皆様に、心からお礼を申し上げます。どうもありがとうございました!


昨晩、日本に帰国致しました!

髪を結ぼう





あれから髪を伸ばし続けて、そろそろ結んだ方が良いかな?と思い、昨日、髪ゴムを買いました。15本セットで3.2ユーロ。その日の気分によって、色を変えて楽しむのだ!

と思っていたのですが……、思いのほか、うまく結べません。ゴムが髪の根元まで、しっかり入ってくれないんですね。僕が不器用すぎるのか、それとも、単に髪の長さが足りないだけなのか……。

とりあえず、髪はこのまま伸ばし続けようと思います。せっかくヨーロッパにいるのだから、ヨーロッパの女性らしく、早くポニー・テイルにしたいですね。

半熟の黄身に


スコティッシュ・アイリッシュ・イングリッシュブレックファストの日々が1ヵ月半ぐらい続いておりました……。

半熟の黄身にベーコンを付けて食べるのは、決して「美味しんぼ」の影響ではなく、単にそれが美味しいからであって、世界中で同様の事をしている人はきっと多いであろうし、今回の記事を読んで、半熟の黄身にベーコンを付けて食べたくなった人がいるであろう事も大体想像がつく。

ヨーロッパでもウォシュレット


海外に行くと、日本では当たり前のウォシュレットトイレがないのが悩ましいです。

でもヨーロッパのホテルだと、画像のようにトイレと洗面所が近い事が多いです(高いホテルやヨーロッパ以外の国は知らないけど)。

そこで僕は、肛門を拭く時に洗面所まで手を伸ばし、トイレットペーパーを水で濡らしてから拭く、簡易ウォシュレットを考えつきました。

これを考えついた僕、ちょっと頭良いかもと思ってしまいました。

あ、誰でも考えつきますか、ええそうですか。

具体的には、最初は何度か乾いた状態のトイレットペーパーで拭いて、仕上げに濡らしたトイレットペーパーで拭き、そして最後に、また乾いたトイレットペーパーで濡れてる肛門を拭きます。

あ、そこまで具体的に書かなくていいですか、ええそうですか。

これを読んで、自分も真似てみようと思った方、トイレットペーパーを濡らしすぎて拭く時に破けてしまい、自爆しないように気をつけて下さい。

髪をどうしようか


旅先にて、髪が結構伸びてきました。そろそろ切ろうかなと思ったのですが、このまま伸ばし続けても良いかなと思ったりしております。髪の短い小ざっぱりした格好よりも、無雑作に伸びた髪の方が、いかにも得体の知れない奴っぽくて、僕らしいのかなと。

でも、僕みたいなチビ男性が髪を伸ばしたら、見た目のバランスが良くなくて格好悪いですし、何より不潔感が漂います。と言うか、そもそも男性の長髪って、二枚目しか似合わないんですよね。ジャニーズの方々はもちろんの事、若かりし頃の沢田研二さんや志村けんさん。

髪を切ろうか伸ばそうか、もうしばらく考えようと思います。