山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 山下大輔報告2014年
CATEGORY ≫ 山下大輔報告2014年
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Tiraspol



My this year's Christmas was at Tiraspol in Transnistria!

今年のクリスマスは、沿ドニエストル共和国の首都、ティラスポリにいました。

沿ドニエストル共和国とは?簡潔に言うと、今なおソ連をやっている、国連未承認国家です。詳しい事は、ネットで調べてみてください。

ここ、外国人が24時間以上滞在するには外国人登録が必要です。そのせいか、ティラスポリを旅行した日本人のBlogとかを読んでも、ほとんどが日帰りです。でも、僕はこの閉ざされた国のクリスマス・イヴの様子がどうしても見たかった!ので、外国人登録もして、2泊3日してきました。

外国人そのもの、特に東洋人は珍しい街なので、ただ歩いているだけで色んな人に見られます。そして、色んな人に話しかけられます。中には、一緒に写真撮らせてと言ってくる人もいたりして……。

閉ざされた国のせいか、街の人々はすれてなく、素朴で優しい人が多いです。

スポンサーサイト

シュトロハイム少佐


ドイツは8都市、日帰りを含めれば11都市を周りましたが、今いるハンブルクでとりあえず最後の予定です……。

ドイツを離れるのが寂しい、と言うか、ドイツビールから離れるのが寂しいですね。ドイツのビールは噂に違わぬ美味さでした。そして安い!

「この国のォォォォォォォォビール力はァァァァァァァァ世界一ィィィィィィィィ」

ドイツに来て、思わずルドル・フォン・シュトロハイム少佐になってしまった人、僕以外にもたくさんいるんだろうな………。

もうすぐ夜行バスに乗って、コペンハーゲンに向かいます。

2か月


昨日からアムステルダムに来ています。非常に美しい街で、どこに行っても絵になります。僕がこれまで訪れた町で1番美しいと思ったのは、コテコテの観光地であるチェスキー・クルムロフを外せば、ブダペストなんですが、そのブダペストに代わって、僕にとって美しい町ナンバーワンになろうとしています。
ただ、スマートフォンを操作しながら自転車を運転する人が多いのは、何とかならないかなと思いますが……。

さて、今回の旅の出発は9月11日。そして、オランダ時間であと1時間ほどで11月10日が終わります。2か月が経ちますね。

10年前の旅は、その2か月で終わりました。あの期間をもう越えるんだなと思うと、一つの節目、感慨を覚えますね。

そして、あの時の2か月って、こんなに短かったっけ?とも思います。今回の2か月はあっと言う間に過ぎ去り、前回の5倍速?いや、10倍速ぐらいあるかもしれません。10年前の旅は充実していたと思っていたのですが、今回の旅と比べるとのんびりしていたんだな、とも思ったりします。

ちなみに、何気に期待されているであろう危険な目には、今のところ1回も会っていません。今回の旅は、大きなトラブルなく終えたいですね、本当に。でも、期待している方は、期待しているのだと思います。果たして僕は、期待に応えられるのでしょうか……。

って、なんだか、こう言う余計な事は書かない方が良いのかなと思ったりもしますね、うん……。

新しい世界

iPhone5sとiPad Air

僕ってどう言うわけかデジタル機器に強そうに見られるんですけれど、実際は超全くそんな事ありません。と言いますか、デジタル機器に興味はあれど、すこぶる貧乏なのでそう言った機器が買えないと言うのが本当のところです。ですので、スマートフォン所有が前提となりつつある現在でも、フィーチャーフォンだけで過ごしておりました。

そんなミスター時代遅れ。略してミスター遅れとまで言われる僕が、今月20日、ついに買いましたよ。iPhone5sとiPad Airです。

想像していた以上に便利で、かつ楽しくて驚いております!


紙を超える物、超えられない物

紙の書類だ。これが古代中国人の手で発明されてから四〇〇〇年ちかく経過しているが、人類は文字を記述するのにこれ以上のものをついに発明できなかった。

上記は30年以上前に発刊され、今から約1600年後の世界を描いた未来小説、「銀河英雄伝説」一巻にある文章です。しかし、ここ数年のタブレットの進化を見ると、文字を記述するのに、紙を超える日は近い未来に来そうですね……。と言うか、もうある部分については超えているように思えます。

でも、紙って文字を記述する以外にも様々な機能を備えていますから、紙そのものがなくなるのは、なかなか考え辛いです。それとも、僕の想像を超えて、紙がなくなる日がいつか来るのでしょうか……。

トイレットペーパーだ。これが古代中国人の手で発明されてから四〇〇〇年ちかく経過しているが、人類はうんこを拭くのにこれ以上のものをついに発明できなかった。

いつか紙以上のものが発明される日が来るのかなあ……?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。