FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ マンガ

ミスター・サタンが教えてくれる

「ドラゴンボール」は僕が小学1年生時に連載開始し、高校3年生時に終了した作品です。当然、僕は第1話から最終回まで、全てリアルタイムで読んでまして、まさに「ドラゴンボール」ど真ん中世代。僕の学生生活は、「ドラゴンボール」とともにありました。

昔、雑誌「プレイボーイ」にて、「火事場の馬鹿力をクソ力と言う君、君は間違いなくキン肉マン世代だ!」とありましたが、「飲茶をヤムチャと言う君、君は間違いなくドラゴンボール世代だ!」です。

日本人の大多数の方は、飲茶よりもヤムチャを先に知ったんじゃないでしょうか。少なくとも、僕はそうです。また、僕は孫悟空よりも先に孫悟空を知っておりましたが、僕より年下の世代の方は、孫悟空よりも先に孫悟空を知った方が多い気がします。

そして、月の光は太陽の光が反射した物と、ベジータから教わった人は「ドラゴンボールZ世代」と言えましょう。

また、「手紙」を「信」。中国ではこうかくのを知っている人は、「ドラゴンボールリアルタイム世代」ですね。

そんなドラゴンボールリアルタイム世代の僕も、今年で35歳になるおじさんなのですが、10歳以上年下の方に、パンプットの話をしても普通に付いてくるのを見ると、年齢など関係なく人気を誇る、「ドラゴンボール」の凄みを感じます。

僕が作中で好きなキャラは、武天老師様とクリリンです。

武天老師様は、多くの人に尊敬される、偉くて立派な著名人なのに、まったく気取らず、気さくで優しく面白く、そして決める時にはきっちり決める、その人柄が大好きです。これは、ペンギン村在住の則巻千兵衛博士と通じるものがありますね。

クリリンは作品初期から終盤までメインキャラとして活躍しましたが、やはりベジータ&ナッパ戦での大奮闘は、カッコ良かったですね。特に大苦戦の最中に放った、起死回生の気円斬に、「惜っしいいいいいいいいい!!!!!」と声を上げたのは、僕だけじゃなかったはずです。

そんな素敵なキャラたちの中、存在が目障りで仕方なく、大嫌いだったのが、ミスター・サタンです。

ミスター・サタンの初登場時、僕は現役中学生。

大ホラ吹きで口先男、言い訳ばかりで見苦しく、保身だけは全力で、激弱いくせに孫悟空たちを見下す態度、ミスター・サタンのその行動と言動に、僕はいちいち不愉快でした。

そして僕だけでなく、友達の間でも、ミスター・サタンは圧倒的不人気を誇っていました。

セルゲームの際、クリリンが言っていましたね。

「正直言って、セルを応援した」

そして言うまでもなく、僕もセルを全力応援していました。

そんな憎たらしいミスター・サタンですが、僕も30歳を過ぎたあたりからでしょうか、少し見方が変わってきたんです。


これが本物!稲中卓球部だ!!!【終わり終わり】

2011年の大谷口中学校正門

「これが本物!稲中卓球部だ!!!」は、今回でとりあえず終了です。

他にもまだそっくり画像はあるのですが、掲載したとしても、どれも既出画像と似たような物ばかりなので、これ以上掲載しても、あまり意味はないかなと(笑)。なので、他の画像は省略させて下さい。また、稲中には、「このキャラ、ひょっとしたら○○先生がモデルじゃないの?」と言いたくなる人物もいるのですが、真相は不明ですし、何より、先生方のプライバシーもあるので、それも省かせて下さい。ちなみに僕は、稲中卓球部の登場人物では、男らしくて真面目でカッコ良い、竹田君が一番好きです。

なお、これまで何度か書いているとおり、掲載した大谷口関係の画像は10年前に撮影したものが多いです。なので、2011年現在とは違う点もある事をご了承下さい。

なぜ10年も前の画像を使用しているのかと言えば、答えは簡単。10年前から、この稲中特集はやるつもりで、撮影だけは既に終えていたんですね。

そんなにも前に撮影を終えていたのに、なぜこんなに公開が遅くなったのかと言えば、まず第一の理由は、僕が怠け者だからです。


内山まもる先生追悼「リトル巨人くん」、「どんがら先生」、そして「はらっぱ同盟」

先日知ったのですが、漫画家の内山まもる先生が12月1日にご逝去されたそうです。

内山まもる先生と言えば、「ザ・ウルトラマン」、そして「リトル巨人くん」が代表作ですね。コロコロコミックにおける、「リトル巨人くん」の最終回と、「あまいぞ!男吾」の連載開始は、同じ号でしたな……86年3月号。「リトル巨人くん」が、生まれて初めて接した野球マンガと言う、昭和後期の男の子は、僕だけじゃないと思います。

でもね、僕は言いたいのです。

内山まもる先生は、その二作以外にも傑作を生み出していたんだよ!と。

僕は内山先生の熱烈なファンと言うわけでもないので、先生の作品をいくつも読破したわけではありません。

それでも、僕は言いたいのです。

「リトル巨人くん」の連載終了後、次年度(86年度)から連載された、「どんがら先生」、面白かったですね。

主人公のどんがら先生は、小学校の教師でありながら、学校でキャンプをやったり、算数の勉強と言いながら、ファミコンのディスクシステム(時代を感じますね)で生徒に遊ばせたりするユニークな先生。どんがら先生のニックネームは、故郷の郷土料理、"どんがら汁"が好物あった事から付いたのだ。そして、そのどんがら先生の実態は、謎の覆面プロ野球選手、「ミスターX」!所属チームは巨人がモデルであり、背番号は、当時巨人に存在しなかった0番であった。
ミスターXは代打で登場してはホームランを連発!しかし、どんがら先生の生徒たちは、ミスターXがどんがら先生とはつゆ知らず……という作品。

でも正直、あまり細かい点は覚えていません。最後の試合で、高熱をおして出場したのは覚えているんですが……。

その「どんがら先生」も好きだったのですが、何と言っても、同年度の「小学4年生」に連載されていた、「はらっぱ同盟」が傑作!

二作ともに単行本化はされてなく、収録されていた学年誌もすぐ捨ててしまったため、僕はもう、25年読んでいません。

それでも「はらっぱ同盟」は、僕の心を捉えて離さない。


スライム肉まんの預言者

「やっぱりスライム料理が基本か…」
「究極の料理法を考えましょう」

(少し略)

「蒸すことからやってみるか」
「肉まんから発想したでしょ」


「あんたっちゃぶる」よりスライム肉まん


「くっさー」
「目にくるね どーにも」
「でも ちょっと固くなったわ」
「薄くスライスして」
「バ●ルスライムの汁をピリっときかせて下地をつけて」
「におい消しに世界樹の葉でくるむ」

以上は僕の好きなマンガ家さんである、鈴木みそ先生の作品、「あんたっちゃぶる」第28話(単行本2巻10ページ)より抜粋です。


「はじめの一歩」冴木卓麻VS板垣学

今週号の週刊少年マガジン、「はじめの一歩」を読みました。

冴木が右拳を使ってないまま、板垣と互角の攻防を見せ、次ラウンドへの緊張感が増していますね。

しかし僕の予想では、冴木が右拳を使う事により、運動能力が分散されてスピードが落ちてしまい、それが原因で冴木敗北、板垣勝利と予想するのですが、どうでしょうか?