山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …

Top page  1/150

ウェブサイトのトップページやスポーツ関係の部分がなくなってしまいましたが、いつか復活させたいです

ウェブサイトトップ画像

お気づきの方がどのくらいいらっしゃるかは分かりませんが、今年の3月いっぱいで僕のウェブサイトのトップページ、自己紹介ページ、スポーツ関係のページがなくなりました。

自発的に閉鎖したのではなく、僕はウェブサイトの運営にプロバイダであるODNのホームページサーヴィスを利用していたのですが、そのODNのホームページサーヴィス自体が今年の3月いっぱいでサーヴィスを終了してしまい、それで僕のサイトもなくなったのですね。

靴と服関係のコンテンツとこのWeblogは、ODNではないFC2のサーヴィスで運用しているため、このように生き残っておりますが……。

僕がウェブサイトを開設した2002年当時は、プロバイダが提供するホームページサーヴィスを利用するのが一般的の方法の一つでしたが、現在はサーヴァーをレンタルするのが普通。
そして2002年当時と違い、現在はスマートフォンが普及しているため、そのスマートフォンでの見え方を意識してサイトを構築するのが普通。

サイト開設当時と現在では異なる点が多すぎるので、サイト自体を抜本的に作り直した方が良さそうだなと思いつつも、その作り直す手間を考えると相当な手間になりそうなので、果たして実行に移せるのかどうか……。

とは言え、なくなってしまったスポーツ関係のコンテンツも、まずまず閲覧者がいたし、いずれ復活させたい気持ちは確かにあります。復活させた時は、また何らかの形でお知らせいたします。
関連記事

ありがとう天才。さようなら天才。小野伸二選手引退。

引退はおかしくないとは言え、僕は小野伸二信者なので悲しいです。日本サッカー史の天才、小野伸二選手と岩渕真奈選手が同じ年に辞めるのか……。

「レッズに小野って言う、凄いルーキーが入る」

そう聞いた当時、僕は過去の超高校級選手、例えば小倉隆史選手や柳沢敦選手ぐらい凄いのかな?と想像したら、いざプレイを見て超衝撃!過去の大物ルーキー、全員が大物じゃなくなる天才プレイに僕は圧倒され、アッと言う間に虜になりました。

御多分に漏れず、僕も小野選手のマジカルパスにド魅了された一人ですが、清水エスパルスのアレックス(三都主アレサンドロ)選手が帰化して日本代表に入りそうと言う当時、攻撃的MFだったアレックス選手、代表には小野伸二選手、中田英寿選手、中村俊輔選手と良い攻撃的MFが多いため、果たして代表のスタメンはどう組むのか?とTVで話題になっていました。

「小野君をFWに上げても良いと思う」

そう言うサッカー関係者が複数人いました。
関連記事

江原真二郎さん、どうもありがとうございました。

CATEGORY芸能
江原真二郎さんと僕

40年近く前の舞台「座頭市」にて、準主演を務めたのが江原真二郎さん。そして僕は、その江原さんの息子役として共演させて頂きました。約一か月にわたる公演だったんですが、その公演もあと10日で終わる頃、その日の稽古が終わって、僕が楽屋に戻ろうしていると、江原さんに呼び止められました。

「あのシーン、もう一度稽古しよう」

そのシーンはこれまで散々稽古して来て、その日ももちろん稽古しました。と言うか、公演で既に散々演ってきたシーン。もう出来上がっているんだし、公演も終わりが見えている。これ以上、稽古しなくて良いじゃん、これ以上演ってどうするのと思った僕は、拒否しました。しかし江原さんは「稽古しよう」と何度も言ってきました。付き添いである僕の母親も、「江原さんが言っているんだから、稽古しなさい」と言ってきました。
渋々僕は、そのシーンの稽古を江原さんと二人だけで30分ぐらい行いました。画像はその江原さんとの稽古後に撮った写真です。江原さんの最後までお芝居の練度を高めたい、その役者魂が印象的ですし、そして僕には、「お芝居に対しては、妥協する事なく全力で臨みなさい」と教えて下さったのかなと思います。

関連記事

「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」改訂して第2版となりました

CATEGORY靴・服飾
7月初旬に発行した拙著「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」ですが、8月10日から9月16日にかけて加筆修正を行いまして、現在は改訂した第2版となっております。

既にご購入下さった皆様は、第2版入手のための再ダウンロードをお願いしたく思います。お手間をおかけして、申し訳ありません。再ダウンロードはもちろん無料です。

再ダウンロードの手順は以下でございます。

【スマートフォンやタブレットの場合】

1:Amazonのアプリをタップ(※Kindleアプリではありません)
「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」再ダウンロード作業

※Amazonアプリを入れてない場合は、Amazonアプリのインストールをお願い致します。


2:画面右下の「Ξ」をタップ
「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」再ダウンロード作業


3:画面右下の「アカウントサービス」をタップ
「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」再ダウンロード作業


4:「コンテンツと端末の管理」をタップ
「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」再ダウンロード作業


5:拙著「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」の欄に
 「アップデートがあります」と出ているので、その箇所をタップ。

「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」再ダウンロード作業


6:「更新」をタップ。
「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」再ダウンロード作業


すると、拙著の再ダウンロードが開始されます。

もし再ダウンロードされない場合は、いったんアプリを終了し、再度アプリを開いてみて下さい。




【PCの場合】

1:この箇所をクリックして下さい。


2:拙著「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」の欄に
 「アップデートがあります」と出ているので、その箇所をクリック。

「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」再ダウンロード作業
※実際の画面は上と少し異なります。


3:「更新」をクリック。
ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考

すると、拙著の再ダウンロードが開始されます。

もし再ダウンロードされない場合は、PC用Kindleの画面左上にある、下記矢印にあるボタンを押してみて下さい。

ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考


もしくは、
1:Amazonのトップページ左上にある、「Ξすべて」をクリック。
「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」再ダウンロード作業


2:画面左下にある「アカウントサービス」をクリック。
「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」再ダウンロード作業


3:画面左下にある「コンテンツと端末の管理」をクリック。
「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」再ダウンロード作業


4:画面左にある「本」をクリック。
「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」再ダウンロード作業


5:拙著「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」の欄に
 「アップデートがあります」と出ているので、その箇所をクリック。

「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」再ダウンロード作業
※実際の画面は上と少し異なります。


6:「更新」をクリック。
ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考

すると、拙著の再ダウンロードが開始されます。

もし再ダウンロードされない場合は、PC用Kindleの画面左上にある、下記矢印にあるボタンを押してみて下さい。

ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考


以上でございます。どうぞよろしくお願い致します。

そして、なぜ今回、改訂した第2版を発行したのかと言いますと、大変恐縮かつ申し訳ない事に、訂正すべき箇所が色々見つかったんですよね……。
関連記事

電子書籍「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」発行

CATEGORY靴・服飾
ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考

僭越ですが、お知らせでございます。先日、Kindleストアにて、電子書籍、「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」を出版致しました。一言で言うと、ビスポークシューズについての本ですね……。

上画像か、下の商品ページをクリックして頂けると、Amazonの販売ページに飛べます。



どんな内容かは、以下からの拙著前書きの抜粋をお読み下さい。

ビスポークシューズは注文主の足に合わせて作り、デザインも基本的に自由(ある程度の制約はあったりしますが)な一点物だけあって、一足を作るのに手間がかかります。とは言え、その手間のかけ方は工房や職人さんによって様々で、手間が多ければ必ずしも良い、手間を省いていたら必ずしも悪いと言うわけではないのが、靴の面白いところでもあります。

分かりやすい例が、ハンドソーン・ウェルテッド製法とセメンテッド製法の比較でしょうか。これら二種の製法を比べると、ハンドソーン・ウェルテッド製法の方がずっと手間がかかりますが、手間がかかる分、完成まで時間がかかりますし、高額にもなります。そしてセメンテッド製法やマッケイ製法と比べて、重く、ソールの返りも固くなりがちです。その一方で、修理可能回数が多いので、長く使える利点があります。
セメンテッド製法は手間が少ない分、速く安く提供できますし、製法上、軽く柔らかく仕上げやすい利点があります。一方で、修理面で難点があります。

拙著では、上記のように「ビスポークシューズ」と言っても色々と違いがあり、その違いによってどんな特徴があるかを主に書いて行きます。

ただ、僕は2002年からウェブサイトWeblogTwitterInstagramなどで靴について情報発信をしており、これらで僕が書いて来た内容と、拙著は重複する箇所も多い事をご了承下さい。と言いますか、僕がこれらウェブ上で書いて来た内容からビスポークシューズについての記述を抜粋し、さらに情報を追加したのが拙著になります。


そして、以下からが拙著の目次です。


【拙著目次】
前書き_ 3
特徴が地域で三分割される欧州のビスポークシューズ_ 4
西欧_ 4
中欧_ 11
東欧_ 15
LAST ラスト_ 19
ラストの素材と国ごとの使用傾向_ 20
木製ラストと樹脂製ラストの違い_ 21
成形の利便性_ 21
ハンドメイドシューメイキングとの相性_ 24
補修の利便性_ 25
費用対効果_ 26
ラストメイクの方法_ 27
削り出し_ 27
既存ラストの修正_ 30
Shoe Tree シューツリー_ 31
Measuring 採寸_ 34
3Dスキャン採寸_ 38
Try-on 仮縫い_ 39
仮縫い専用靴_ 40
透明プラスティック製仮縫い専用靴_ 40
作成途中の靴_ 41
Leather 革_ 42
アッパー革_ 43
ライニング_ 44
ビーディング_ 45
底材_ 46
Parts 部材_ 47
Filler フィラー 中物_ 48
Shank シャンク 踏まず芯_ 50
Stiffener 芯材_ 53
Thread 糸_ 54
Making 製靴_ 56
ハンドメイドシューズにおける作業の細かな違い_ 57
ハンドメイドにおける機械使用_ 57
インソールのくせ付け方法_ 60
部材を自作するか出来合いを使うか_ 63
どのくらい釘を打つか_ 66
ソールの厚さと出し縫いのピッチ_ 67
手縫いの優位点_ 72
製甲の手縫い_ 75
手縫いのマッケイ製法_ 76
ハンドメイドのセメンテッド製法_ 79
中東欧らしい手法_ 81
木釘_ 81
ヒドゥンチャネルの革をめくる位置_ 84
履き口_ 85
掬い縫いが表出する製法_ 85
インソールへの仕込み_ 86
出し縫いと接着剤併用のダブルソール_ 86
釣り込み前の下拵え_ 87
二重のトウと踵_ 88
シームレスヒールとシームレスホールカット_ 92
靴関連随筆_ 94
質と速度と費用の職人技_ 95
難しいラストメイクの巧拙判断_ 98
日本ならではの英語_ 100
左利きの靴職人_ 103
不器用と器用_ 106
靴関連独白_ 108
ご教示ご協力下さった皆様_ 115


ちなみに表紙画像は、整形靴マイスターである四之宮玄騎さんの、2015年時のアトリエです。

皆様、もしご興味ございましたら、是非ご購入下さい。そして、大変恐縮でございますが、SNSなどにて、拙著「ヨーロッパ日本ビスポークシューズ見聞考」を広めて頂ければ幸いでございます。

どうぞよろしくお願い致します。

ちなみに先日の6月29日に、僕がウェブサイトを開設して20周年となりました。全然更新してない時期もありますが、まさか20年も開設を続けるとは思ってなかったですね……。

そして20年経っても、靴も服も分からない事ばかりと言うか、年月が経てば経つほど、分からない事が増えて行きます……。
関連記事