FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月

Patrick Frei and Jesper Ingevaldsson went on a tour around the shoes area of Asakusa(パトリック・フライさんとイェスペル・インゲヴァルソンさんの浅草靴界隈巡り)

10月に訪日した第1回ワールド・チャンピオンシップ・イン・シューメイキング優勝者、Patrick Frei(パトリック・フライ)さんと、世界的に著名な靴ブロガー、Jesper Ingevaldsson(イェスペル・インゲヴァルソン)さんが、10月9日には浅草の靴界隈巡り。僕はこちらにも、(超拙いけど)通訳と言う事で同行しました。

まずは自転車を借りまして、最初に伺ったのは、製靴用資材卸のマモルです。パトリックさんは早速夢中になって、良さそうな道具や資材を探しておりました。ただ、マモルでは写真撮影NGのため、こちらでの画像はないのですが……。


ジョー・ワークス訪問中

次に伺ったのは、JOE WORKS(ジョー・ワークス)。よく知られているとおり、ビスポーク・シューメイカー、クレマチス銀座の既製靴ラインの製造元ですね。イェスペルさんは以前にもジョー・ワークスに来た事があるため、自転車で向かう際、「こっちだ」と、僕よりも道に慣れていました(笑)。


ジョー・ワークス訪問中

二階のショー・ルームにて、サンプルを鑑賞するお二人。


ジョー・ワークスのサンプルシューズ

僕が初めてジョー・ワークスを知ったのはインスタグラムを通じてなのですが、「グッドイヤー・ウェルテッド製法とは思えない綺麗なライン!(つまりハンドソーン・ウェルテッド製法ではないのに)」が第一印象でした。それについて代表の駒澤崇行さんにお話を伺うと、ジョー・ワークスでは、最初にマシンで釣り込みをした後に、さらにハンドでの釣り込みも行っているとの事。

グッドイヤー・ウェルテッド製法の場合、マシンで革を引っ張って立体成形を行いますが、マシンだとハンドと比べて、引っ張る方向がどうしても限定されます。
しかし、ハンドだとマシンと違って革を引っ張る方向が自在のため、ハンドでしか成し得ない立体性とラインを産み出せるわけです。それは踏まずをはじめとした、曲線の強い箇所だとより顕著になります。そして、立体性に優れた靴が、履き心地が良いのは言うまでもなく、見た目も美しいです。

ジョー・ワークスのラインの美しさは、英国風のカッコ良いラスト形状はもちろん、この一手間あっての事かと納得しました。ジョー・ワークスのウェブサイトに、当社では各工程の随所に 「もうひと手間」 手の作業を挟み、と書かれておりますが、このハンドでの釣り込みも、その 「もうひと手間」 手の作業の一つなのだなと思いました。このクォリティで、価格は税込7万円台~とは、素晴らしいです!

あと、ジョー・ワークスのサンプルの中には、ライニングおよびインソックスにゴートスキンを使用しているモデルもありました。ゴートスキンは柔らかくて摩擦に強い特徴があるため、確かにライニングに向いた素材でして、欧州のビスポーク・シューズや、高級既製靴ではイタリアンブランドで使用されているのがたまに見られます。しかし、日本製高級靴ではあまり見られないので驚きました。



Jesper Ingevaldsson and Patrick Frei visited "MAIN D’OR"(イェスペル・インゲヴァルソンさんとパトリック・フライさんのマンドール訪問)

パトリックさん、イェスペルさん、マンドール訪問

10月6日、伊勢丹にてイェスペルさん、パトリックさんとお会いした僕は、続いて翌7日に、ご両名のマンドール訪問に同行しました。奇しくも昨年、イェスペルさん、ダニエルさん、ネウスさん、浅井さんとマンドールを訪問した日と同じ日です(笑)。


マンドールのビスポーク・シューズサンプル

相変わらず……


マンドールのビスポーク・シューズサンプル

美しい……


マンドールのビスポーク・シューズサンプル

マンドールのサンプル!!!



The high prize winning shoes of World championship in shoemaking(ワールドチャンピオンシップ・イン・シューメイキングの上位入賞靴)

パトリック・フライさんのコンテスト1位靴展示

10月6日の、伊勢丹におけるワールド・チャンピオンシップ・イン・シューメイキング(靴作り世界選手権)の上位入賞靴展示は、優勝したPatrick Frei(パトリック・フライ)さんだけでなく、準優勝のDaniel Wegan(ダニエル・ヴィガン)さん、3位のPhilippe Atienza(フィリップ・アティエンザ)さん、そして日本人靴職人さん上位3名の靴も手に取って見られました。

まず、このワールド・チャンピオンシップ・イン・シューメイキングについて、主催者であるJesper Ingevaldsson(イェスペル・インゲヴァルソン)さんのBlog、「Shoegazing(シューゲイズィング)」に書かれたコンテストの案内を基に、日本語訳して書いてみます(※こちらの記事も参照)。内容が分かりやすいよう、意訳している箇所もあるのをご了承下さい。もし誤訳があった場合は、ご指摘頂けると幸いでございます……。

コンテストの開催は今年4月7日で、場所はロンドン。参加料金は無料で、優勝者には3,000£、準優勝者には2,000£、3位には1,000ポンドの賞金が贈られます。この上位三名の靴については、伊勢丹をはじめ、オスロのスコマーケー・ダゲスタッドなど、世界各国のお店で展示されます。

出品する靴については、下記の規定がありました。

プレーンの内羽根キャップトウ。アッパーのパターンは少なくとも3パーツに分け、ホールカットのイミテーションスティッチなどは不可(つまり、パターンを分けてないのに、スティッチでパターンを分けているように見せるのは不可)。

アッパー革は黒のボックスカーフ。

UKサイズ8の左足。

シングルレザーソール。

掬い縫い、出し縫い、いずれも手縫い。

ソールとヒールの側面は黒、底面はナチュラル仕上げ

ブランディングなし

出品靴は審査において、ラストやシュートゥリーが抜かれた状態で展示される。ただ、シュートゥリーを提供したならば、イヴェント期間中、ショーケースでの陳列に使用される。

会社としての参加、個人としての参加、いずれも可能。靴製作に携わった全ての人と、各々がどの行程を担ったかを記載する事(私たちは全出品者の完全な情報を聞いてないが、大抵は分かっている←※この一文の訳、自信がありません……)。


そして、審査基準は下記3点です。

・「難易度」最大10ポイント。
どれだけ難しい行程が行われているか、大規模にも、細かいディテイルにも、どれだけ高度な作りがされているかなどを審査。

・「出来栄え」最大10ポイント。
靴の構築の様々な箇所がどれだけ上手く仕上がっているか、どれだけすっきりとした綺麗な仕事か、仕上げのレヴェルがどれだけよく成し得ているかなどを審査。

・「デザイン・美学」最大5ポイント。
靴の全体的な美しさ、プロポーションなどを審査。


審査員はイェスペルさんをはじめ、James "Jim" McCormack(ジェイムス・"ジム"・マコーマック)さん、Nicholas Templeman(ニコラス・テンプルマン)さん、高野圭太郎さんと言った、 ビスポーク・シューズの職人さんや靴ブロガーさんたち、計9名。

審査時、靴は匿名です。ただし、イェスペルさんだけは、出品靴の登録や質問の返答と言った世話をするため、コンテスト参加者について知ります。しかし、批評や審査時は、どの靴が誰によるものかは、イェスペルさんは知らないでしょう。他、全ての審査員にとって、靴は厳密に匿名です。


以上でございます。結果として、参加者はドイツ、スウェーデン、フランス、日本、イタリア、中国、アメリカ、セルビア、モルドヴァ、ハンガリー、モンゴル、チェコ、ロシアと13国から、合計30足。日本からは7名と最多参加国であり、さすが現代におけるハンドメイドシューズ大国と思わされます。

ちなみに、イェスペルさんが靴作りコンテストを行いたい意向は、僕は昨年5月にお会いした際に聞いておりまして、それを実現させて、多くの国の職人さん、お店とともに展開していくイェスペルさんの企画力、実行力は凄いなと思います。


1st World Championships in Shoemaking Winner, Patrick Frei in Freiburg(第一回世界靴作り選手権優勝者、フライブルクのパトリック・フライ)

パトリック・フライさん

【Patrick Frei(パトリック・フライ)】
住所:Ferdinand-Weiss-Str. 9–1, D-79106 Freiburg
価格:ビスポーク・シューズ、4,000ユーロ~。シュートゥリー込、税抜き価格。二足目以降は割引有。

採寸時はフットプリントも採取。仮縫い時はトライアルシューズを作成。13-14ヶ月で完成。上記ウェブサイトには日本語版もあります。英語可。


コンテストの様子

今年4月、ロンドンにて開催された靴作りコンテスト、"World Championships in Shoemaking(ワールド・チャンピオンシップ・イン・シューメイキング)"では、ドイツのフライブルクにて活動する、Patrick Frei(パトリック・フライ)さん(画像右)が優勝。準優勝は、ガジアーノ&ガーリングのビスポーク部門長である、Daniel Wegan(ダニエル・ヴィガン)さん(画像左)でした。

コンテスト上位3名の靴は世界中のセレクトショップにて展示が行われ、10月3日~9日の展示場は日本の伊勢丹新宿メンズ館。そして6日には、パトリックさんと主催者であるJesper Ingevaldsson(イェスペル・インゲヴァルソン)さんが会場にいらっしゃったため、僕もお会いして来ました。イェスペルさんはこれまで何度も来日しておりますが、パトリックさんは今回が初来日だそうです。


パトリック・フライさんのコンテスト1位靴展示

そして、僕が伊勢丹に伺った時間には、偶然、Tateshoesの舘篤史さんもいらっしゃっていました。もちろん、舘さんもパトリックさんの靴を鑑賞です。


パトリック・フライさんのコンテスト1位靴展示

パトリックさんのコンテスト優勝靴。ドイツと言えばショートノーズのラウンドトウで、重厚なフォルムが主流ですが、パトリックさんの作品は細身で流麗なフォルム。甲は低く、ソールも薄く作られているため、非常にドレッシーな仕上がりです。
出し縫いも1インチ当たり16針と細かく、一般的に、出し縫いが細かければ細かいほどドレッシーなので、この靴のスタイルに合っていますね。もっとも、パトリックさんがメンズドレス仕様のビスポーク・シューズを作る場合は、英国ビスポーク・シューズと同様の、1インチ当たり10-12針が標準仕様だそうです。


パトリックさんのラストメイキング

パトリックさんのラストメイキングの様子。ラストの素材はブナ。このように斧で荒断ちしてラストを作って行くのは、英国とフランスのビスポーク・シューメイカーで主に行われる手法で、ドイツで行っているのは早藤良太さんをはじめ、少ないです。

パトリックさんはドイツにて靴職人修行をしたものの、他にもオーストリア、イタリア、英国などの欧州各地のビスポーク・シューメイカーを巡り、各店の方法を教えてもらって、自分のやり方に採り入れているそうです。ドイツの靴職人さんながら、作風や手法がドイツらしくないのも頷けます。例えば、公式ウェブサイトの、「手仕事(Craft)」にある、アッパー革を裁断前に湿らせて伸ばす作業は、ウィーンのルドルフ・シェア&ゾーネにインスパイアされた、似た作業との事。


パトリック・フライさんのコンテスト1位靴展示

パトリックさんの靴の出来栄えに、驚く舘さん。


パトリック・フライさんのコンテスト1位靴展示

舘さんのこの表情が、パトリックさんの靴がいかに素晴らしいかを物語っています!



矢野謙次選手の思い出

矢野謙次選手引退が悲しい巨人ファンは、僕以外にも多いと思います。

僕は昨年の松本哲也選手引退と同じくらい悲しいです。ファンだったので。

矢野は僕の母校である國學院大學出身。母校出身者が、ファンチームである巨人に入団。それだけで、もう応援したくなりますし、入団が決まった時は嬉しかったです。

そして、國學院大學野球部は、僕が入学する前年に、仙台育英高の名将、竹田利秋氏が監督に就任。つまり、野球部の強化が図られたんですね。その竹田監督の教え子で、僕とも在学期間が被っている時期があるので、思い入れもさらに深まりました。

巨人時代の背番号48番も少々ポイントでして、以前に48番を付けていた、香田勲男、ドミンゴ・マルティネスも、僕の好きな選手だったのです……。

さて、矢野は1年目から一軍出場を果たし、2年目は出番も少し増えて、3年目の2005年には開幕一軍と、順調にステップアップ。この年の5月には2試合連続猛打賞など、矢野は打率4割前後をキープする絶好調。このままスタメン奪取して欲しいなあと思ったんですが、高橋由伸が怪我から復帰すると二軍落ち。なぜかと言うと、同ポジションの外国人選手、キャプラーが二軍降格不可契約を結んでいたためです。

しかも、この年の矢野は2番で起用される事が多く、戦術上、バントや右打ちもするはめになり、持ち味である思い切りの良さ、パンチ力がなかなか活かせず。スラッガータイプなのに、この年の犠打数はチーム一だった。ここから既に、矢野の不運なプロ野球人生は始まっていた気がします。

ちなみにこの年の矢野は、新人王投票とベストナイン投票にそれぞれ1票だけ入っていました。もちろん、成績としては、新人王にもベストナインにも相応しくありませんが、頑張っている姿に心を打たれて、誰かが投票してくれたのかなあ……なんて思いますね。

そして翌2006年序盤が、おそらく矢野の全盛期。