山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年02月

Stefano Bemer in Firenze(フィレンツェのステファノ・ベーメル)

ステファノ・ベーメルの日本人職人さん

【Stefano Bemer(ステファノ・ベーメル)】
住所:Via San Niccolo 2, Firenze
hotel four seasons内 borgo pinti 99, Firenze
23 East 67th Street, 6th Floor, New York
価格:ビスポーク・シューズ、3,650ユーロ~。九分仕立ての場合は2,450ユーロ~。いずれもシュー・トゥリー込価格。初回注文時のみ、ラスト代600ユーロ増。
既製靴は1,150ユーロ~。

4-5カ月で完成。仮縫い時はトライアルシューズを作成。通常、注文日から1-2か月後に仮縫いですが、100ユーロの追加料金で2営業日後に仮縫い可能のサーヴィスもございます。そして、そのサーヴィスを利用する場合は、注文する10日前までに予め申し込みが必要です。
既製靴とストゥルパイの靴紐も取り扱っています。既製靴は出し縫いだけマシンのハンドソーン・ウェルテッド製法が主で、レディースはマッケイ製法もあります。

フィレンツェには工房兼店舗とフォーシーズンズホテル内と二店舗あり、記事はVia San Niccolo 2, Firenzeの工房兼店舗の様子です。ニューヨークにも予約制ショールームがあり、こちらももちろん、一般の方も来場可能です。英語可。


ステファノ・ベーメルの工房

ステファノ・ベーメル氏が1983年にトスカーナ地方のGreve in Chianti(グレーヴェ・イン・キアンティ)にて、靴修理店を開いたのが始まりのブランドです。その地域に靴修理屋がなかったのが、開業した理由だったとか。そして、お客の一人がジョン・ロブの靴を持ち込み、それがきっかけでステファノ氏は靴を作ってみたいと思うようになったそうです。お店は87年にフィレンツェ中心部に移動し、昼は靴修理の仕事をしつつ、夜はベテラン職人さんに靴作りを教わり、ステファノ氏は技術習得に励んでいたとの事。

やがて99年に英国の俳優、Daniel Day Lewis(ダニエル・デイ・ルイス)氏が来店。もちろん客として来たのですが、その時にダニエル氏は靴作りに興味を持ち、10カ月、ステファノ氏から靴作りを学ぶと、氏はメディアにも注目されるようになり、ブランドが成長する大きな契機となったそうです。そして02年には、東京の外苑前にも出店しました。

ステファノ氏は12年7月28日にご逝去され、同年末に、Tommaso Melani(トンマーゾ・メラーニ)さんが同社を買い取る事が決定し、今に至っております。なお、メラーニさんのお祖父様はScuola del Cuoio(スクオラ・デル・クオイオ)、日本では英訳である「レザースクール」と紹介される事が多い、職業訓練校の創設者です。

上画像は13年6月に移転した、元教会を改装して作った現工房。一般開放されており、仕事の様子が見られるようになっております。工房で作るのはビスポークのみで、既製はフェッラーラにある別工場製。九分のビスポークの出し縫い作業も、ここの工房かフェッラーラの工場で半々だそうです。ちなみに、九分のビスポークはメラーニさん体制になって始めたラインだとか。


ステファノ・ベーメルの井俣久美子さん

トランクショーでたびたび来日もされている、井俣久美子(Kumiko Imata)さん。もちろん正社員です。05年から同工房で勤務しており、現在ではビスポーク・シューズの肝心要であるラストメイクと生産管理を担当しております。僕が伺った際、工房でもっとも勤務歴の長い坂東雅子(Masako Bando)さんは休暇中だったのですが、現在のステファノ・ベーメルはこの井俣さんと坂東さんが中心となって靴作りが行われています。


ステファノ・ベーメルの製作工程

84年生まれ、ボトムメイク担当で正社員の谷明(Akira Tani)さん。僕が伺った当時、谷さんは同工房で2年勤務しており、日本ではAnnの西山彰嘉さんに製靴を学んだそうです。


Sartoria Seminara and Liverano & Liverano in Firenze(フィレンツェのサルトリア・セミナーラとリヴェラーノ&リヴェラーノ)

ジャンニ・セミナーラさん

【Sartoria Seminara(サルトリア・セミナーラ)】
住所:Via dei Calzaiuoli, 10, 50122 Firenze
価格:ビスポーク・スーツ、3,000ユーロ~。

仮縫い2回、4-5週間で完成。1957年にGiuseppe Seminara(ジュゼッペ・セミナーラ)氏が開業し、現在は息子さんのGianni Seminara(ジャンニ・セミナーラ)さんが二代目当主として運営しております。ちなみにジャンニさん、アイスグリーンの瞳が美しいです☆。英語可。日本人職人さんも勤務しており、その方に通訳して頂きました。


ジャンニ・セミナーラさん

ナポリをはじめとした南イタリアのサルトリアでは、紙のパターンを作らず、生地に直接パターンを書き込む事で知られますが、ジャンニさんも同様にパターンは作らず、生地に直接パターンを書き込んでおりました。

「注文のたびに客の体型は変化しているのですから、その都度パターンを作るのは無駄だと思います。昔は一度に何着も注文する客がいたので、その時は(体型が同じだから)パターンを作っていましたよ」

つまり、パターンはお客の体型が前提のため、お客の次回注文時はその時の体型変化に応じた別パターンが必要。パターンを作ったとしても、そのパターンは時が経って変化した体型に合ってなくて使えないのだから、わざわざパターンを作って保管するのは無駄と言うご意見でした。


セミナーラさん使用鋏

ちなみにジャンニさん、かつてここで修行した日本人サルトの宮平康太郎さんがプレゼントしてくれたと言う、長太郎製の鋏を使用しておりました。


フィレンツェ流パターン

よく知られておりますが、フィレンツェのハンドメイド・スーツはダーツが一本、斜めに入るだけ(赤矢印)なのが大きな特徴です。

「このダーツの斜めの角度が大きいので、これ一本で十分です」

ご存知のとおり、一般的なスーツはこの箇所にダーツは入らず、脇ダーツ(左黄点線)とフロントダーツ(右黄点線)の二本入ります。無論、ダーツが少なければ少ないほど強いシェイプを出すのが難しくなるので、それを埋めるだけのアイロンワークが要求されます。
もっとも、ミラノなどの一部のハンドメイド・スーツでは、脇ダーツ(左黄点線)はポケット口より下にはありません。いわゆる、細腹なしのスーツですね。

Mario Bemer in Firenze(フィレンツェのマリオ・ベーメル)

マリオ・ベーメルの店内

【Mario Bemer(マリオ・ベーメル)】
住所:Via Maggio, 68 50125 Firenze
価格:ビスポーク・シューズ、2,650ユーロ~。初回注文時のみ、ラスト代350ユーロ増。
既製靴は760~820ユーロ。MTOもあり、既製靴と同価格です。

ビスポーク・シューズは4カ月で完成。仮縫い時はトライアルシューズを作成。MTOは45-60日で完成。MTOでのハンドペイントの料金は無料。英語可。


マリオ・ベーメルさん

代表のMario Bemer(マリオ・ベーメル)さんはステファノ・ベーメル氏のお兄様。ステファノ氏がご逝去されるまで、14年間ともにお仕事をされており、そのステファノ氏のフィロソフィーを受け継ぐべく、14年5月10日にオープンしたお店です。マリオさんは靴作りにおいて、クリッキングとハンドペイントを担当しております。

ちなみにマリオさん、靴ビジネスに携わる前は車のレストア業を行っており、やはり物作りが好きな方だそうです。


マリオ・ベーメルのサンプル

既製靴及びMTOのサンプルで、いずれも出し縫いだけマシンのハンドソーン・ウェルテッド製法。いわゆる、九分仕立てですね。60代半ば~70歳ほどの老職人さん二人だけの工房で作られており、仕上げが綺麗なのはもちろん、小さい工房なだけに、細かい注文にも融通が利くのが良いとの事です。

MTOはラストがラウンドかスクエアの2タイプあり、いずれかを選択。フィッティングについても、多少のラスト調整は可能だそうです。もちろん、革やミシンスティッチの色も選択可能です。
マリオさんは長年ステファノ氏とともにお仕事をされていただけあって、素材調達や工場選択などにかなりコネクションがあり、既製とMTOの材料や工房は、全てトスカーナ製にこだわっているとの事。


マリオ・ベーメルのアウトソール

マリオ・ベーメルオリジナルのアウトソール。ラバーを埋め込んで、レザーソールながらグリップ力を持たせた仕様です。


マリオ・ベーメルのアウトソール裏

アウトソールの裏側では、黄矢印のように、ラバーが外れないように窪みにはめ込まれているのが分かりますね。

Leonardo Bugelli and Ranfagni Gioielli in Firenze(フィレンツェのレオナルド・ブジェッリとランファーニ・ジョエッリ)

レオナルド・ブジェッリさん

【Leonardo Bugelli(レオナルド・ブジェッリ)】
住所:Via Frà Bartolommeo, 21r, 50132 Firenze
価格:ビスポーク・シャツ、270ユーロ~。

通常、1週間後に仮縫いですが、最短で2日後には可能。3週間で完成。英語可。


レオナルド・ブジェッリさん

「私の50%は日本人です」

入店すると、そう日本語でご挨拶下さった、62年生まれで店主のLeonardo Bugelli(レオナルド・ブジェッリ)さん。日本語の発音も良かったです(笑)。そしてもちろん、以降は英語での会話。

「日本人は好きだね。センシティヴで、ホスピタリティもとても良い」
「東京はミラノ、福岡はパレルモ。福岡は都会だけど静かで良いね」

ブジェッリさんは大変な親日家でして、何度も来日している事もあり、日本への強い愛着が伺えました。そしてユーモアある方で、上の写真も左足を後ろに回し、ちょっとおどけてポーズをとって下さいました(笑)。


レオナルド・ブジェッリさんのサンプル

店内に飾られているカラーとカフスのサンプルです。とは言え、あくまでサンプルなので、もちろんデザインは自由です。

Enzo Bonafè and Fili Sergio in Bologna(ボローニャのエンツォ・ボナフェとフィリ・セルジョ)

エンツォ・ボナフェのショールーム

【Enzo Bonafè(エンツォ・ボナフェ)】
住所:Via Augusto Pollastri, 4, 40138 Bologna


エンツォ・ボナフェさん

僕が伺った当時、80歳でなお現役職人であるEnzo Bonafè(エンツォ・ボナフェ)御大に驚きました!ラストとパターン担当をしており、奥様もパターン担当の現役職人さんです。

工場内は撮影不可だったのですが、よく言われるとおり手仕事の割合が多く、アッパー革の裁断、釣り込み、掬い縫い、ノルヴェジェーゼスティッチはハンドでした。
月型芯はレザーで、先芯はいくつかの素材を使い分けしておりました。フィラーはゴムとスポンジのような素材で、防水効果があるとのお話でした。シャンクはメタル。ラストは全てプラスティックです。


エンツォ・ボナフェさんの息子さん

工場をご案内して下さった、エンツォさんの息子さんであるMassimo(マッシモ)さん。


エンツォ・ボナフェのサンプル

ショー・ルームにあったサンプルは膨大で、作成可能な製法が、ハンドソーン・ウェルテッド製法、マッケイ製法、ウェルテッド製法に踏まず部分だけマッケイ製法、ボロネーゼ製法、ノルヴェジェーゼ製法、トゥボラーレ製法と多様なのが強みです。